Y!mobileが『iPhone5s』の取り扱いを開始した!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SIMカード

Y!mobileが2016年03月04日より『iPhone5s』の取り扱いを開始しました。なぜ今更iPhone5sなのか?iOS9の時代にiPhone5sは使えるのか?

概要

SoftBankグループであり格安ブランドに位置するY!mobile(ワイモバイル)が2016年03月04日から『iPhone5s』の取り扱いを開始しました。

iPhone5sは16GBモデルと32GBモデルの2種類で、カラーはスペースグレーとシルバーの2色から選ぶことができます(ゴールドはありません)。
料金プランは1GB/月で2,980円、3GB/月で3,980円、7GB/月で5,980円となっており、端末とセットで購入した場合の最低維持費は1GB/月プラン(スマホプランS)で月額料金が3980円となり、従来の携帯料金の半分からそれ以下の格安料金でiPhoneを使用することができるでしょう。

Y!mobileはMVNOでは無くケータイキャリアでありながら『格安ブランド』に位置するため、月々の料金を抑えて契約することが可能です。また、Y!mobileを契約すると使うことができるメールアドレス(@ymobile.ne.jp)はキャリアメールとして扱われるので、SoftBankはもちろんドコモやauのキャリアメール宛にメールを送信してもドメイン指定などで拒否されることが無いのがメリットでしょう。

Y!mobile – iPhone 一覧

iPhone5sを扱う理由は?

詳細は不明なので推測でしかないですが、0円ケータイが廃止になったことで携帯電話・スマートフォンの買い控え起きている現状で、料金を抑えた販売を行いたいと言うことでしょう。
最新のiPhone6s/6sPlusなどはメインのSoftBankと競合するので旧型でありつつも未だに人気の高いiPhone5sが選ばれたのではないでしょうか。

iOS9でiPhone5sは使えるのか?

実際にドコモのiPhone5sをiOS9の状態でMVNOにて使用していますが、特にカクカクするなど挙動が重かったり遅かったりとおかしいところも無く旧機種ながら快適に使えています。
¥iPhoneシリーズは旧機種にもiOSアップデートが長い間提供されるので2016年02月22日現在でも充分に使える機種です。

NFCが付いていない点に注意

2016年後半にサービスが開始されると噂されている『Apple Pay』はNFCを使用します。しかし、iPhone5sにはNFCが搭載されていないので『Apple Pay』を使いたいという人はiPhone6/6Plus以降の機種を購入したほうが良いでしょう。

参考 日本でもサービス開始!『Apple Pay』ってなんだ!?
参考 スマホに搭載されている『NFC』の使いかた

まとめ

iPhoneシリーズの中でもiPhone5sはファンの多い機種です。iPhone6/6Plus以降の機種はベースのデザインが変更されていることから好みじゃないという人も多いのではないでしょうか。
そのため、デザインが好みだと言う人はこれを機会に検討してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事