据え置き型SIMフリーLTEホームWi-Fiルーター “novas HOME+CA FREE” が発売!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
novas HOME+CA FREE

LTE回線を用いたWi-Fiルーターと言えば、モバイルWi-Fiルーターが主流ですが、珍しい据え置き型のLTEホームWi-Fiルーター “novas HOME+CA FREE” が発売しました。しかも、SIMフリーで提供され格安SIMなどが使用できます。

LTEホームWi-Fiルーターとは?

LTEとはスマートフォンなどで利用されている4G(第四世代)のことです。その他にも、持ち運んで利用する “モバイルWi-Fiルーター” で利用されることが多いです。

ホームWi-Fiルーターは、回線接続機能を持たない “ルーター” を指すことが多いですが、昨今ではWiMAXなどの回線接続機能を持った機器も販売されており、購入するだけで別途の回線契約(光回線など)を契約することなくインターネットに接続することができます。

この「ホームWi-Fiルーター」と言うカテゴリーは、前述したようにWiMAXなどが主流で “LTE” で接続する製品は非常に珍しい存在です。

参考 UQ WiMAXで “Speed Wi-Fi HOME L01” を契約してみた

novas HOME+CA FREEとは?

WiMAX 2+用ホームWi-Fiルーターとして販売されている “novas Home+CA” のLTE版かつSIMフリー版です。また、novas HOME+CAの “CA” はキャリアアグリゲーションを意味し、複数の電波を束ねることで高速化と安定性を実現します。

対応バンドはドコモ系のようです。

パソコンやスマートフォンの接続は、Wi-Fi(無線LAN)に加え有線LANポート(2つ)も搭載しているので、最大で18台の機器を接続することができます(Wi-Fi:16台、有線LAN:2台)。昨今ではWi-Fiで接続することが多いですが、有線LANでの利用が推奨される機器もあるので、有線LANポートが用意されてるのはありがたいポイントでしょう。

参考 PS4をレコーダー化!nasneを接続する方法

各種設定はブラウザを用いて設定画面にアクセスして行いますが、本体に搭載されている物理スイッチは “電源スイッチ” を始め “Wi-Fiオンオフスイッチ” に “アップデートスイッチ” があるので、いちいち設定画面を開かなくとも主要な操作は可能でしょう。

参考 据置型ホームルーター “novas Home+CA” を使ってみた!

WiMAX版とLTE版で有線LANポートの数が違うので注意してください。

どうやって購入するのか?

ヨドバシカメラなどの家電量販店で購入することができます。SIMフリーであるため、NTTドコモを始めauやソフトバンクなどのキャリアに依存せず格安SIM(MVNO)での利用もできることから、IIJmioなどでも取り扱われています。また、IIJmioでは限定カラーとしてピンクが販売されます。

詳細は公式サイト『IIJmioモバイルサービス』を参照してください。

LTE回線を用いたWi-Fiルーターと格安SIM(MVNO)の大容量プランを組み合わせれば、ちょっとした常時接続環境を整えることができます。特に「頻繁に使うわけでは無い」「スマートフォンのパケットを節約したい」と言ったニーズに対応できるでしょう。また、昨今ではインターネット接続機能を搭載した家電製品も増えており、スマートフォンと連携したりできるので「光回線を導入するほどでは無い」と言う場合に良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする