海外旅行に最適!な海外でも使えるレンタルWi-Fiルーター

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電波塔

遊びやビジネスで海外旅行に行く際、渡航先で日本キャリアのSIMが刺さったスマートフォンを使用すると国際ローミングにより料金が高額になってしまいます。そこで、海外でも使えるレンタルWi-Fiルーターを活用しましょう。

機内モードでもWi-Fiは使える!?

機内モードに設定すると電波を発することができないと思われがちですが、意外にもWi-Fiは使えることが多いんです。詳細は以下を参照してください。

参考 スマホにおいて “機内モード” を活用する方法

機内モードとWi-Fiの活用

飛行機に乗る前に『機内モード』をオンに設定し、渡航先に到着したらWi-FiのみをオンにしてWi-Fi運用すると費用を抑えて通信することができます。また、Wi-Fiルーターであれば複数の機器を接続することができるので家族や友人と共用できますし、渡航中の国際電話も無料通話アプリや格安IP電話を使えばコストパフォーマンスが良いです。

海外の渡航先でのWi-Fi環境は日本国内でWi-Fiルーターをレンタルしておくことをオススメします。

ハワイ専用レンタルWiFi

ハワイ専用ですが、どこでも使える4G LTE対応の高速WiFiが1日980円で使い放題です。端末の受け取りは自宅もしくは空港へ無料で届けてくれます。返却する際には帰国後に無料でポストへ投函するだけなので簡単です。

詳細は公式サイト『ハワイ専用レンタルWiFi』を参照してください。

海外WiFiエクスモバイル

世界200以上の国と地域でインターネットが定額で利用可能なサービスで、WiFi対応のスマートフォンやタブレットをセットでレンタルも可能です。端末は空港での受け取りも可能なので簡単です。

詳細は公式サイト『200カ国対応海外WiFiレンタルサービス』を参照してください。

グローバルWiFi

世界200以上の国と地域で使用でき、料金は1日380円、670円、970円など完全定額制なので安心して使用することができます。

詳細は公式サイト『海外専用グローバルWiFi』を参照してください。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事