Wi-Fi(無線LAN)にタダ乗りされないための設定方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ネットワーク

今話題の無線LAN[Wi-Fi(ワイファイ)]のタダ乗り。場合によっては犯罪に巻き込まれる場合もあるのでしっかりと設定しておきましょう。

「タダ乗り」とは?

スマートフォンの普及により家庭でも一般的に使用されるようになった無線LAN[Wi-Fi(ワイファイ)]ですが、インターネットに申し込んだ際に無料で設定してくれたりするので、初期設定のまま使用している人も多いと思います。
セキュリティの弱い設定のまま使用していたりすると近隣に住んでいる人が勝手に接続できたりしてしまうので注意が必要です。

無線LAN[Wi-Fi(ワイファイ)]のセキュリティ

最低でも自動設定を使用しましょう

無線LAN[Wi-Fi(ワイファイ)]の設定は本来手動でやるのが一番確実ですが、慣れていないと難しく誤った設定になる可能性があるので自信の無い方は自動設定を使用したほうが良いでしょう。慣れてきたら手動設定してみてください。
自動設定が可能な無線LAN[Wi-Fi(ワイファイ)]の機器には以下のようなロゴが表記されていますので確認してみてください。

AOSS/WPSロゴ

自動設定の方法は、付属のマニュアルに記載されていますので、そちらを確認してください。設定の方法はメーカや機種、バージョンによって異なりますのでよく読んでから設定してください。

可能であれば手動設定を使用しましょう

自動設定は過信しすぎると思わぬトラブルを招くことがあります。また、古いセキュリティ技術をそのまま使用することにもなりかねないので徐々に手動設定に切り替えるようにすることをオススメします。最低でも以下の内容を設定します。

暗号化する技術 WPA2 or WPA
暗号化の種類 AES
MACアクセス制限 使用する機器のMACアドレスを登録する

AESでは無く、WEPTKIPしか無いという場合、その機器は買い替えをオススメします。WEPTKIPは現在では容易に解読ができてしまうので設定しても無意味です。

インターネットを申し込む際の注意

最近、インターネットを申し込むと無線LAN[Wi-Fi(ワイファイ)]が使える機器を無料で設定してくれるサービスがありますが、可能であれば自分で設定したほうが良いです。以前、友人が設定してもらっていましたが内容を確認したところ、セキュリティが機能していない状態で設定されていました。その際は私のほうで再設定したので事なきを得ましたが、わからない人には確認することもできないので恐ろしいことだと思いました。

まとめ

スマートフォンやタブレットの普及により無線LAN[Wi-Fi(ワイファイ)]を無意識に使用している人も多いと思います。思わぬトラブルに巻き込まれないよう今一度確認してみることをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事