Xperiaでワイヤレス充電!おくだけ充電ができる『Qi』に注目してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ツール

防水防塵なスマートフォンが増えて来た昨今、ワイヤレスで充電が可能な Qi(ワイヤレス給電)への注目が再燃しています。そこで、Qi対応のスマートフォンの現状や非対応機種でQiを使う方法を模索してみました。

『Qi』とは?

簡単に言えば『電磁誘導方式』を使用して無接点で充電を行うための規格です。充電を行う際には端末と充電器の金属部分を接地(接続)させて電流を流す必要がありますが、Qi(ワイヤレス給電)を使用すれば接地(接続)をさせることなく充電をすることができます。そのため、充電器におくだけで充電ができます。

ちなみに “Qi” は「チー」と読みます。

対応機種が増えてくる?

これまでにもワイヤレス給電 Qi を搭載したスマートフォンも多く発売されていましたが、NOTTVがサービスとして登場してからはワイヤレス給電 Qi を搭載した機種はほとんど発売されることがなくなりました。

その理由は、NOTTVの電波はワイヤレス給電 Qiが給電中に発生する不要電波と干渉してしまうためNOTTVとワイヤレス給電 Qiの両方を1つのスマートフォンに搭載することができなかったからです。そのため、NOTTVを普及させたいドコモとしてはNOTTVを搭載する機種にはワイヤレス給電 Qiは搭載しませんでした。
しかし、NOTTVが終了することになったため電波の干渉を気にする必要がなくなるため今後ワイヤレス給電 Qi対応の機種が増えてくるかもしれません。

専用充電器が必要

無接点充電(ワイヤレス充電)を行うためにはQi(ワイヤレス給電)に対応した専用の充電器が必要です。

Anker PowerPort Qi (シングルコイル Qi ワイヤレス充電器)
Anker
¥ 1,700

非対応機種でも使える

iPhoneやAndroidスマートフォンなどで非対応の場合には、ケースの間に挟むフィルム状のレシーバーが販売されているので機能を後付けすることもできます。ただ、構造上の問題で充電用USB端子が、本体の下に位置しているのが望ましいです(Xperia Z4、Xperia Z5シリーズ、Xperia Xシリーズなどは可)。
また、タブレットなど高出力な充電器が必要な機種では正常な充電ができない可能性があるので注意してください。

ワイヤレス充電アダプタ microUSB端子使用
WY(ダブリュワイ)
¥ 2,580

microUSB用が多い中でUSB Type-C用の製品も登場しました。

ワイヤレス給電 超薄型 レシーバーシート USB Type-c
UnitedPlug
¥ 1,499

近年では、新規格も登場し使い勝手のよくなった無接点充電(ワイヤレス充電)Qiは、Androidをはじめとする防水防塵のスマートフォンには標準装備されていくことが期待されています。

Pickup! 木と金属の組み合わせで作られているガジェットたち
Pickup! Qiに変わるワイヤレス給電『Cota』に期待!米OssiaとKDDIがCES2016に出展するらしい

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事