その “USB Type-C” は完全に差し込んでいますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ツール

Xperia XZやXperia X Compactを始め、2016年の後半に発売されたスマートフォンにはmicroUSBでは無く “USB Type-C” が採用されています。このUSB Type-Cでは「抜けやすい」「すぐに外れる」「緩い」などの感想を耳にすることが多いですが、それは完全に差し込んでいないのかもしれません。

新しいUSB規格

2015年に発売されたNexusシリーズ(5X/6P)を皮切りに、スマートフォンへの採用が進んでいるUSBの新規格 “USB Type-C” は、これまでのmicroUSBに代わり2016年の後半にはXperia XZやXperia X Compact、Zenfone 3など搭載機種が発売され、充電やパソコンとの接続に利用されています。

この “USB Type-C” はmicroUSBとは差込口が異なり互換性が無いので専用のケーブルが必要で、ZenFone 3 ZE520KLのようにスマートフォン本体に同梱されていることもありますが、同梱されておらず「新たに購入した!」という人も多いでしょう。

Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル (0.9m グレー) Galaxy S8 / S8+、MacBook、Xperia XZ対応
Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル

参考 『USB Type-C』とは何なのか?

差し込む必要がある

購入したケーブルで「抜けやすい」「すぐに外れる」「緩い」と言った事象に悩まされている人が多いようです。この事象は数多く報告されていることから「不具合では?」と言う意見もありますが、実際には「最後まで差し込んでいない」のが原因であることが多いです。

これまでのmicroUSBでは差し込みの始めから抵抗を感じますが、USB Type-Cでは差し込みはじめには抵抗が無くスッと入り半ばほどで強い抵抗を感じます。これが原因で「これ以上は差し込めない」と思う人が多いようです。

F5321→USB Type-C

しかし、実際には抵抗を感じてから「カチッ」と音がするまで “もう一段階” 差し込むことができ、きちんと根元まで差し込めば簡単に抜けることもありません。ただ、慣れないと思っている以上に力が入ってしまうので、徐々に力を込めるようした方が良いでしょう。

F5321→USB Type-C

私も購入したケーブルが硬かったですが、何度か抜き差ししているうちに気にならなくなりました。スマートフォン本体やケーブルの差込口を確認しても “破損” や “変形” した形跡はないので問題は無いのでしょう。

ただ、そうは言っても「硬すぎるんじゃね?」とも思ったので、今後は改善されていくものと期待したいところです。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事