スマホのタッチパネルで使えるタッチペンを探してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
文字を書く

スマートフォンの画面も年々と大型化し5インチを超える機種も増えてきました。そこで、Androidスマートフォンでも使えるApple Pencilのような “タッチペン” を探してみました。

タッチペンってなに?

スタイラスペンとも呼ばれる先の尖った棒状の筆記具の事です。従来は柔らかい素材に溝を彫る為の道具でしたが、コンピュータの世界ではタッチパネルに対して文字や字を筆記する為に使われることから タッチペン とも呼ばれるようになったと考えられます。

スマートフォンなどで使用するためのタッチペン(スタイラスペン)は需要が多いのか100円ショップ(ダイソーやセリアなど)でも販売されていますが、そのほとんどが “タッチ” することだけが目的であるため先端が太くなっています。

先端が太いタッチペンでは、スマートフォンやタブレットに文字や図を描く目的では使いにくいので。先端の細いタッチペン(スタイラスペン)を探してみました。

スマホ/タブレットで使えるタッチペン

スタイラスペンと言えば、ゲーム機(3DSなど)に付属しているものを想像する人も居るかとおもいますが、スマートフォンやタブレットで使用できるタッチペンには電源が必要であることがほとんどです。これは、スマートフォンやタブレットに採用されているタッチパネルに静電容量方式が採用されていることが理由です。

静電容量方式のタッチパネルは、人間の持つ静電気を利用して指先でのタッチを感知する仕組みであるため、タッチペンにも人間の素手と同じように静電気を発生させる必要があります(静電発生式)。

静電発生式の極細タッチペン

Acase Active Sense

乾電池(単4乾電池x1)を使った超極細ペン先を持つ自己静電発生式スタイラスペンです。スマートフォン/タブレット対応の一般的なタッチペンが8mm程度なのに対しペンの先端が2mmと超極細なので文字はもちろん図やイラストなども書きやすくオススメです。

Acase Active Sense ペン先 2mm スタイラスペン 自己静電発生式
Acase Active Sense ペン先 2mm スタイラスペン 自己静電発生式

Luna rabbit E

USB充電式バッテリーを搭載しており、1回の充電で24時間使える電池いらずな極細のタッチペンです。ペン先の細さは2.4mmと極細でありペン先の交換用ゴムも付属しているので万が一の時も安心して使い続けることができオススメです。

Luna rabbit E 電池いらずのバッテリー内蔵 USB 充電 超極細 スタイラスペン ペン先ゴム替え 5個 セット付き
Luna rabbit E バッテリー内蔵 USB充電 超極細 スタイラスペン

USBから電源を取得できるため、場合によってはタブレットやスマートフォンと直接接続して電源を供給しながら使用することもできるかもしれません。その場合、電池不要な製品と同様の使い勝手が可能になるのでオススメです。

参考 タブレットを使ってスマホの充電をする方法

細かい操作が可能になるので、文字や図・イラストを描く目的だけでなく、スマホゲームにも使いやすいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事