プリンターインクは賢く使ってコストパフォーマンスを良くしよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ツール

インクの種類はプリンターによって様々で、4色だったり6色だったり独立だったりセットだったりしますが、黒は一番良く使われるのでカラーとは分かれていることが多いです。そして量も多くコストパフォーマンスに優れています。なので、基本的にモノクロ印刷するのが一番いいんです。

インクの節約

「モノクロの書類を印刷しているのにカラーのインクがすぐなくなる」と言った経験は無いでしょうか?

それは、たとえ書類がモノクロだとしてもプリンタの設定がカラー印刷であればカラーインクも使われてしまいます。理由はメーカによって様々ですが、印刷品質や印刷速度の向上のためにそうなっているそうです。

印刷するときは適切な設定をしよう

プリンターの設定をモノクロ(白黒)にすると黒インクだけが使われるのでカラーインクの節約につながります。写真やどうしてもカラー印刷したいデータのみカラー印刷するようにすればコストパフォーマンスが上がります。

設定の方法は各メーカーによって違うので説明書にを確認しましょう。説明書を紛失してしまった場合はメーカーのホームページから見ることができます。Google検索やYahoo検索で「(メーカー名) 説明書」などで検索すればすぐに出てくるでしょう。

たまには印刷した方が長持ちする

プリンターは長いこと使わずに放置するとインクが固まってしまい目詰まりの原因になります。その目詰まりを除去するための機能がプリンターには備わっていますが、それには大量のインクを消費してしまいますので、目詰まり防止の意味でも定期的に印刷をしていたほうが結果的にインクの節約にもなります。

また、インクの残量も把握することができるので「使おうと思ったらインクが無い」なんてことが防げるでしょう。

インクには買い時がある

自宅にプリンターを持っている人の悩みの種はプリンターインクカートリッジの価格ではないでしょうか?

プリンターのインクは時期によって価格が変わり、一番高くなるのは年賀状印刷の増える年末です。年末にインクを買っている人は損をしていることが多いので夏ぐらいに買っておいたほうが安くお得に買えます。

ただし、インクには使用期限がありますのであまり早く買うのは避けた方が良いでしょう。また、格安で販売されているものは使用期限が短いことが多いので気をつけましょう。

互換インクが安い

純正インクと互換インクの一番の違いは品質で、純正インクは価格が高いだけあって最高品質です。互換インクは純正品質に比べて「インクの発色が悪い」、「色あせが発生しやすい」など劣る部分がありますが価格が廉価であることが最大のメリットです。

互換インクは壊れる?

プリンターに互換インクカートリッジを使ったことで壊れるといった話をよく聞きますが、実際に壊れたという話を聞いたことはありません。

ただし、インクカートリッジはメーカーが独自の基準・規格で作成されているものであり、それをマネして作成している互換インクカートリッジがプリンター本体に対して何かしらの影響を与えることは否定できません。

また、互換インクカートリッジを使用中にプリンター本体が故障すると故障の原因が互換インクカートリッジに起因するものなのかプリンター本体に起因するものなのかがわからないので、どちらに責任があるか判断することができません。

そのため、互換インクカートリッジの使用は完全に自己責任となります。

保証期間内は『純正』を使おう

保証期間内はプリンター本体が故障しても無料で修理してもらうことができます。そのため、互換インクカートリッジを使用したことによって保証期間内でも有料になってしまったり、修理を断られてしまうのは非常にもったいないです。そのため、保証期間内は素直に純正のインクカートリッジを使用した方が良いでしょう。

保証が切れたら『互換』でも良い

プリンターを有料修理に出したことのある人は少ないかもしれませんが、昨今の電子機器は有料の修理をお願いすると新品が買えるぐらいの費用を要求されることが多いです。

プリンター本体はインクカートリッジの売り上げを期待して安価に購入できるので、保証期間が切れてしまったら互換インクカートリッジを使用してコストパフォーマンスを上げていくのが良いでしょう。もしそれで壊れてしまったらあきらめて新品を購入した方が安上がりであることが多いです。

オススメ互換インク

評判の良い互換インクカートリッジを購入する為には『Amazon』や『楽天市場』などの大手インターネット通信販売が良いでしょう。大手インターネット通信販売では評価やコメントが付いていることが多いです。その評価が高く、コメントが多い商品あれば間違いなく品質は高いです。

注文したほうが安いことも

デジカメの写真印刷や年賀状ぐらいしか使わないという人はカメラ屋さんや大手スーパー、量販店などで注文したほうが安上がりな場合があります。特にデジカメの印刷は専用の機械を備えている店が多いのでそういったところで印刷したほうが安上がりですし品質も良いです。
1回1回だと高く思えることでも年間を通すと安くなる場合もあります。また、印刷したいほどの写真などは品質などにも考慮して適切な選択をしたほうが良いです。

携帯電話やスマートフォンから直接データ通信して印刷できる機械もありますのでお近くの量販店などで一度確認してみるといいと思います。

まとめ

インクカートリッジには使用期限があるので、安いからと言って必要以上に購入すると劣化などで無駄になります。そのため、必要な分だけ購入するようにした方が良いでしょう。
また、年に数回しか使わないのであればコンビニプリントなどを活用すると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする