バッファローのNAS『LS-XHL』をバックアップする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ツール

購入して以来、忙しさにかまけて弄ってなかったバッファローのNAS『LS-XHL』ですが、ようやく時間が取れたのでデータの移行をしました。ただ、NASが壊れたことを想定してバックアップの設定をしてみました。

参考 WebサーバーにもなるNAS『LS-XH1.0TL』を手に入れた

バックアップは必要なのか?

バッファローのNAS『LS-XHL』シリーズにはUSBによる外付けHDDの拡張が可能になっており、この外付けHDDに対して保存データをバックアップする機能が備わっています。

企業の場合、減価償却の終わりなどにリプレイするタイミングがあるのでデータの消失は少ないですが、一般家庭の場合では「壊れるまで使う」と言うことが多いと思いので、NASにしか保存していないデータがあると二度と復旧できなくなってしまうでしょう。

そのため、NASのバックアップをオススメします。

前提条件

LS-XHLシリーズのバックアップはUSB外付けHDDの他に、別のLinkstationへのバックアップも可能ですが、今回はUSB外付けHDD向けの設定をおこないます。なお、USB外付けHDDは新規に購入してもかまいませんが、内蔵HDDが余っているのであればケースを購入することで外付けHDDにすることもできるのでオススメです。

[工具不要]Inateck USB 3.0 HDDケース外付け 2.5インチ厚さ9.5mm/7mmのSATA HDD/SSDに対応 UASPサポート
Inateck
¥ 1,999

バックアップの設定手順

  1. ブラウザより『Web設定』を開きます。
    http://(IPアドレス)/static/index.html
    
    Web設定は “NAS Navigator2” にてアイコンの右クリックメニューより開くこともできます。
  2. “システム > バックアップ” より『バックアップタスクの追加』をクリックします。

    LS-XHL→バックアップ

  3. バックアップより『バックアップタスク設定』を任意に入力します。

    LS-XHL→バックアップ

    バックアップ動作モードの違いは、“通常バックアップ” が全ファイルのバックアップ、“上書きバックアップ(増分バックアップ)” が新規作成/更新されたファイルのみ、“上書きバックアップ(差分バックアップ)” が新規作成/更新されたファイルに加えて削除されたファイルはバックアップからも削除されます。
  4. 次に『バックアップオプション』を開き任意に設定します。

    LS-XHL→バックアップ

    “バックアップ先が識別可能なフォルダを作成する” をオンにすると、“_backups” などのフォルダーが作成され、その中にバックアップされます。また、USB接続された外付けHDDへバックアップする場合、“暗号化転送を使用する” と “圧縮転送を使用する” は意味が無いため設定する必要はありません。
  5. 最後に『バックアップフォルダー』を設定し終わったら『設定』をクリックします。

    LS-XHL→バックアップ

バックアップ設定のやり方は以上です。

日次や週次、月次などのタイミングで定期的にバックアップすることをオススメします。また、重要なファイルを保存した時に随時バックアップが実行できるように、バックアップ実行スケジュールが “今すぐ実行” であるタスクを作成しておくと便利です。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事