防水スマホのmicroUSB/USB Type-Cに蓋をする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ツール

スマートフォンの中にはXperiaシリーズのように『防水』機能を備えた端末が存在していますが、microUSB/USB Type-Cに蓋が無いことがあり、問題が無いことは解っていても気になる場合があるので、そんな時は専用のキャップ(カバー)を取り付けると良いでしょう。

microUSB/USB Type-Cに蓋が無い

これまでのスマートフォンで防水機能を備えている場合、microUSB/USB Type-Cなどのインターフェースには浸水を防止する為のカバーが取り付けてあることが多かったです。しかし、昨今は技術の進歩によりカバーが必ずしも必要では無くなった為に、むき出しの状態でも防水機能を維持できる機種が増えてきました。

microUSB/USB Type-Cに蓋を後付けする

いくら「大丈夫だ!」とわかっていてもむき出しの金属端子に対して水を付けるというのは少々心配になってしまう人も居ることでしょう。そんな時にはmicroUSB/USB Type-Cに蓋を後付けする『microUSBキャップ』『USB Type-Cキャップ』を活用すると良いでしょう。

microUSBキャップ スマートフォン/デジカメ
microUSBキャップ スマートフォン/デジカメ

USB type-C 用 保護キャップ ソフト素材
USB type-C 用 保護キャップ ソフト素材

ただし、microUSB/USB Type-CキャップとはmicroUSB/USB Type-Cポートにホコリなどが侵入するのを防ぐためのものなので浸水を防ぐことはできません。そのため、防水機能が後付けできるわけでは無いので注意が必要です。

また、スマートフォンに限らずデジカメなどのmicroUSB/USB Type-Cにも活用することができるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事