SDカードリーダーを使えばiPhone/iPadがもっと便利になる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Apple

Appleが製造・販売するiPhone/iPadなどのiOS機器には外部ストレージ(SDカードなど)を使うためのスロットが用意されていないのでiPhone/iPad本体の内部ストレージの容量次第ではデータを入れることができないのでSDカードリーダーを使いましょう。

SDカードリーダーとは?

SDカードを読み込むための機器です。SDカードスロットがついていないスマートフォンやパソコンなどでもSDカードを取り扱うことができるので非常に便利です。

SDカードリーダーを使うメリット

データのやり取りが容易になる

iPhone/iPadにもカメラはついていますが、やはりデジタル一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラなどには劣る部分があるでしょう。TwitterやFacebookなどのSNSにきれいな写真をアップロードする場合にはデジタル一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラなどで撮影することも多いと思いますが、SDカードリーダーを使えば撮影した写真(画像)をiPhone/iPadへお手軽に移動(またはコピー)させ、そのままSNSにアップロードさせることもできます。

SDカードに入った音楽や動画をそのまま再生

容量が大きくなりがちな音楽ファイルや動画ファイルなどはiPhone/iPadにいちいちコピーさせなくともSDカードに入れるだけで再生させることができます。iPhone/iPadの内部ストレージ容量を消費しないのでお気に入りの音楽ファイルや動画ファイルをいくらでも持ち出すことができます。

電話帳の移行が簡単

ガラケー(普通の携帯電話)からiPhoneへ機種変更した場合に厄介なのが電話帳の移行ですが、SDカードリーダーがあれば電話帳の移行を簡単に行うことができます。

iPhone/iPadで使えるSDカードリーダー

iPhone/iPad Lightning USBメモリー i-FlashDrive

Lightning端子とUSB端子を持つmicroSDHC対応のメモリーカードリーダーです。microSDカードに保存してある音楽ファイルや動画ファイルをiPhone/iPadへコピーさせることなく再生させることが可能です。

iFormosa® Lightning USBメモリー「i-FlashDrive」
iFormosa
¥ 3,380

変わり種USBメモリー

SDカードでは無いですが、パソコン、iPhone/iPad、Androidで使用できるUSBメモリーもあります。

iPhone・iPad USBメモリ Lightning / microUSB Android対応 MFI認証 Gmobi iStickPro 600-IPL32GA
SANWA DIRECT 2015-10-28
¥ 9,800

まとめ

iPhone/iPadは一度購入するとストレージ容量を変更することができないので、大きい容量を購入しがちになりますが、SDカードリーダーを使用すればiPhone/iPadの内部ストレージ容量は最小限で良くなるのでコストパフォーマンスも良くなるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事