AnTuTu Benchmarkがパソコンでも使えるようになってた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

スマートフォンやタブレットのベンチマークアプリとして御馴染みの『AnTuTu Benchmark』がストアからダウンロードすることでWindows10でも動作するようになりました。

『AnTuTu Benchmark』とは?

Androidスマートフォンやタブレットの総合性能を測定するベンチマークソフトとして登場したアプリです。iPhoneなどのiOSデバイスでも利用できるため利用者が多く比較が容易なので、測定値からデバイスの性能を測ることができます。

Windows Phone版が登場したことにより、Windows10を搭載したパソコンでも動作するようになりました。

AnTuTu Benchmarkの使い方

ダウンロード&インストール

  1. Windows10のストアアプリを起動し『AnTuTu Benchmark』を検索します。

    Win10→ストア

  2. AnTuTu Benchmark v6アプリの詳細より『無料』をクリックするとダウンロード&インストールが開始されます。

    Win10→ストア→アプリ詳細

  3. “この製品はインストール済みです。” と表示されれば完了です。

    Win10→ストア→アプリインストール完了

ダウンロード&インストールのやり方は以上です。

ベンチマークを測定する

  1. インストールしたAnTuTu Benchmark v6を起動し『Test』をクリックします。

    Win10→Antutu→TOP

  2. ベンチマークの測定がスタートするので、測定が終了するまでしばらく待ちます。

    Win10→Antutu→ベンチマークスタート

  3. 測定が終了すると、測定結果が表示されます。“Test”はスコア詳細、“Ranking”は順位、“Info”はデバイスの詳細が表示されます。

    Win10→Antutu→ベンチマーク結果

ベンチマークを測定するやり方は以上です。

まとめ

パソコンはスマートフォンやタブレットと違い、ハードウェアのカスタマイズが容易なので、カスタマイズ前後で測定すればカスタマイズの効果を容易に確認することができるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事