パソコンがWindows MRに対応しているか確認する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

2017年10月17日より提供が開始された “Windows 10 Fall Creators Update” により登場した “Windows MR(Windows Mixed Reality)” は、ある程度の高性能なパソコンが必要になります。1つ1つのスペックをチェックしていくのは面倒なのでMicrosoftより公式なチェックツールが公開されました。

Windows Mixed Realityとは?

Windows Mixed Realityは現実世界と仮想世界を融合させた映像を作り出す技術を指しMR(複合現実)と呼ばれています。似たような名前に “VR(仮想現実)” や “AR(拡張現実)” がありますが、これらを包含する概念となっています。このMRは、対応する専用のヘッドセットを通して現実世界と仮想世界を融合させた映像を見ることができます。このMRを体感するには専用ヘッドセットが必要ですが、これまでの専用ヘッドセットはパソコンを内蔵しているようなもので非常に高価でした。しかし、手持ちのパソコンを流用することで比較的に安価に実現できるようになりました。

Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101CV
Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101CV

とは言え、使用するパソコンはそれなりのスペックが要求されるため「自分の持つパソコンでできるのか?」と言う場合のためにチェックツール “Windows Mixed Reality PC Check” が公開されました。

Windows Mixed Reality PC Checkの使いかた

  1. ストアアプリより “Windows Mixed Reality PC Check” を検索し『購入』をタップします。

    Windows10→ストア→Windows Mixed Reality

    画面上では “購入” と表示されていますが、料金は必要なく無料で利用可能です(フリーソフト)。
  2. Windows Mixed Reality PC Checkより表示内容を良く読み問題が無ければ『同意する』をクリックします。

    Windows10→Windows Mixed Reality PC Check

  3. チェック結果が表示されます。

    Windows Mixed Reality PC Check

Windows Mixed Reality PC Checkでチェックするやり方は以上です。

ちなみに、ダメだとわかってはいたもののポータブックでチェックしてみました。グラフィックスカードが “△” でドライバーが “×” なので、グラフィックドライバーを更新すれば「使えるんじゃね?」と一瞬思いましたが、CPUとRAM(メモリ)が “×” なのでダメでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事