Windowsのフォントを奇麗に表示させる方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

Windowsは以前より「フォントが汚い」などと言われています。これは互換性などの問題を抱えているので簡単な話では無いですが、自己責任にて奇麗に描画させることも可能です。

この記事は公式では無いイレギュラーな内容を含んでいます。したがって、全て自己責任にて行い何がおきても一切の責任は負いません。

注意事項!

Windowsのフォントはギザギザしていることが多く、昔から「フォントが汚い」と言われていました。そのため、フォントのレンダリングエンジンを変更することのできるフリーソフト『MacType』が登場し、インストールするだけでフォント描画を改善しテキストを読みやすくすることができるようになっています。

しかし、Windowsのフォントが汚いのは「アプリケーションの互換性を維持する」ためもあるので、環境によっては不具合が発生する場合もあります。特にジネスで使用しているパソコン等へのインストールはオススメできません。

フォントを奇麗に表示する手順

MacTypeのインストール

  1. Webブラウザでsnowie2000/mactypeにアクセスし、Downloadsより『MacTypeInstaller_2016_0904_0.exe』をダウンロードします。

    Web→MacType→ダウンロード

    ファイル名はバージョンによって異なります。
  2. ダウンロードしたファイルを実行し『言語』を選択したら “OK” をクリックします。

    Windows10→MacType→インストール

    これ以降は『日本語』を選択したものとして進めます。
  3. MacTypeセットアップウィザードより “次へ” をクリックします。

    Windows10→MacType→インストール

  4. セットアップタイプより、特に理由が無ければ『標準』をクリックします。

    Windows10→MacType→インストール

  5. インストール準備完了より “インストール” をクリックします。

    Windows10→MacType→インストール

  6. MacTypeセットアップウィザードが完了したら『MacTypeを起動する』にチェックを付けて “完了” をクリックします。

    Windows10→MacType→インストール

MacTypeをインストールするやり方は以上です。

MacTypeの設定

  1. インストールしたMacTypeを起動したら、起動モードに『サービスモード』を選択し “次へ” をクリックします。

    Windows10→MacType→設定

  2. お好みで『プロファイル』を選択し “完了” をクリックします。

    Windows10→MacType→設定

MacTypeを設定するやり方は以上です。

比較してみた

MacTypeを「有効にした時」と「有効にしていない時」を比較してみました。画像ではわかりにくいですが、MacTypeを有効にすると、アルファベットやカタカナ、漢字の全てにおいて文字の線が太く滑らかに表示され奇麗で見やすくなっています。

Windows10→MacType→比較

Windows10も登場当初はフォントが汚かったですが、バージョンアップを繰り返すことで奇麗になってきています。それでも、MacTypeをインストールすることでよりきれいな描画が可能になっているのでオススメです。

参考 フォントが見にくいので過去のフォントへ変更してみる
参考 フォントを新しくインストールする方法

MacTypeをインストールした状態でWindows updateを行うとトラブルが発生する場合があります。特にWindows10のAnniversary UpdateやCreators Updateなどのような大型アップデートを行う際にはアンインストールをオススメします。
スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事