Firefoxの64bit版がリリースされていたのでインストールしてみました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

そういえばパソコンにインストールしているFirefoxが32bit版のままでした。Firefoxの64bit版がリリースされたとのことなのでダウンロード&インストールしてみました。Firefoxが重いと感じる人は64bit版をインストールすれば快適になるかもしれません。

『64bit』と『32bit』の違いは?

一言で簡単に言ってしまえばパフォーマンスの違いで、当然『64bit』の方がパフォーマンスが良いです。この違いは何からくるかと言えばメモリの使い方の違いからです。『32bit』は一度に使用できるメモリ量の上限がが2GBであるのに対して『64bit』は一度に8TBまで使用することができます。そのため、『64bit』の方がより多くのデータをメモリ上に持つことができるので高速に動作することになります。

Firefoxの64bit版はどこからダウンロードできるの?

Firefoxの64bit版が公開されたのが2015年11月あたりですが、2015年12月現在でも公式サイトにダウンロードリンクは無くダウンロードすることができないので、直接ダウンロードする必要があるようです。

日本語の64bit版Firefoxを使う

ダウンロード

今回ダウンロードするファイルはバージョン42Windows 64bit版かつ日本語版です。

  1. Firefoxの「インストーラのダウンロードページ」へアクセスします。

  2. 2015年12月時点での最新バージョンである「42」をクリックします。

    Firefoxダウンロード「Index of /pub/firefox/releases/」

  3. 今回はWindows 64bit版が目的なので「win64」をクリックします。

    Firefoxダウンロード「Index of /pub/firefox/releases/42.0/」

  4. 次に日本語版である「ja」をクリックします。

    Firefoxダウンロード「https://archive.mozilla.org/pub/firefox/releases/42.0/win64/」

  5. インストーラーが表示されるので「Firefox Setup 42.0.exe」をクリックします。

    Firefoxダウンロード「Index of /pub/firefox/releases/42.0/win64/ja/」

    数字はバージョンによって異なります。

ダウンロードは以上です。

インストール

インストール方法は通用のFirefoxと変わりません。

  1. ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストーラーを起動したら「次へ」をクリックします。

    Firefoxインストーラー「起動」

  2. セットアップの種類より「カスタムインストール」をクリックします。

    Firefoxインストーラー「起動→カスタムインストール」

    標準インストールでも構いません。

  3. インストール先フォルダを確認し問題がなければ「次へ」をクリックします。

    Firefoxインストーラー「起動→カスタムインストール→インストール先フォルダ」

  4. Firefoxの自動更新を有効にしたいのであれば「Maintenanceサービスをインストールする」へチェックを付けて「次へ」をクリックします。

    Firefoxインストーラー「起動→カスタムインストール→maintenanceサービス」

  5. Firefoxのアイコン作成を選択し「次へ」をクリックします。

    Firefoxインストーラー「起動→カスタムインストール→アイコンの作成」

  6. 最後にインストール内容を確認し問題がなければ「インストール」をクリックします。

    Firefoxインストーラー「起動→カスタムインストール→インストール内容の確認」

  7. インストール完了です。

    Firefoxインストーラー「起動→カスタムインストール→完了」

インストールは以上です。

まとめ

64bit版の恩恵は一度起動してみればわかると思います。想像以上にサクサク動作すると思うので、まだ32bit版を利用している人で重いと感じる人は64bit版への移行も検討してみてください。

スポンサーリンク

シェアする