[Win10] 『フォト』アプリは単なる画像ビューアーでは無かった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

「使いにくい!」「劣化した!」などと悪評が絶えないWindows10の『フォト』アプリですが、ただの画像ビューアーでないことをご存知でしょうか? 実は簡単な画像編集もできるレタッチソフトなんです。

『フォト』アプリとは?

Windows10から搭載されたレタッチソフトです。レタッチソフトとは、画像などの加工をするためのソフトで代表的なソフトウェアではAdobeのPhotoshopがあります。
Windows7に搭載されていたWindowsフォトビューアー(画像ビューアー)と比較されがちですが、フォトアプリは画像ビューアーとしてはもちろん、画像の加工もできるアプリとなっています。

参考 消えたWindowsフォトビューアーを使う方法

もちろん、前述したAdobe Photoshopのような高度なことはできない簡易的なアプリですが、それでも家庭内で個人で使用する分には充分な機能を備えています。

フォトアプリの使い方

フォトアプリを起動する手順

インストールしてからデフォルトアプリを変更していない場合には、画像ファイルを『ダブルクリック』すればフォトアプリが起動します。

参考 『デフォルトアプリ』を設定・変更する方法

デフォルトアプリを変更している場合にはスタートメニューの『すべてのアプリ』から起動させることができます。また、画像ファイルを右クリックし表示されたコンテキストメニューから『プログラムから開く』→『フォト』でも開くことができます。

Win10→フォトアプリ

編集モードに切り替える方法

フォトアプリは通常では画像ビューアーとして動作します。画像の加工をするためには『編集モード』へ変更する必要があります。

  1. フォトアプリより右上に表示されている『編集ボタン(ペンのアイコン)』をクリックします(またはCtrl+Eでも可)。

    Win10→フォトアプリ→編集ボタン

  2. 編集用のボタンが表示された編集モードに切り替わります。

    Win10→フォトアプリ→編集モード

編集モードに切り替えるやり方は以上です。

編集内容を保存する手順

フォトアプリ上で行った編集内容は保存するまで元画像へは反映されない(保存されない)ので、編集処理が終わったら必ず保存処理を行います。

  1. 編集が終わったら画面右上の『名前を付けて保存』アイコンまたは『保存(上書き保存)』アイコンをクリックします。

    Win10→フォトアプリ→編集モード→保存

  2. 編集内容が保存されます。

    Win10→フォトアプリ

編集内容を保存するやり方は以上です。

画像をトリミングする手順

トリミングとは画像の一部を『切り抜く』ことを指し、フォトアプリでは『クロップ』と呼んでいます。

  1. 編集モードより『クロップ』アイコンをクリックします。

    Win10→フォト→編集モード→クロップ(トリミング)

  2. すると画像の内側に枠が表示されます。この枠内がトリミング後の画像ファイルとなるので位置を指定します。

    Win10→フォトアプリ→編集モード→クロップ(トリミング)→範囲

  3. この枠はマウスでドラッグ(クリックしたまま動かす)することによって任意に変更できますが、縦横比を固定したい場合には『縦横比』アイコンをクリックすることでメニューから選択できます。

    Win10→フォトアプリ→編集モード→クロップ(トリミング)→縦横比

  4. トリミング範囲を決めたら『適用』アイコンをクリックするとトリミングが実行されます。

    Win10→フォトアプリ→編集モード→クロップ(トリミング)→適用

  5. 最後に保存して終了です。

画像をトリミングするやり方は以上です。

画像にフィルターをかける手順

フィルターとは画像に様々な効果(モノクロなど)を付けることを指します。あらかじめ用意された複数のフィルターの中から選択することができます。

  1. 編集モードより『フィルター』アイコンをクリックします。

    Win10→フォトアプリ→編集モード→フィルターボタン

  2. 右側に表示された『各種フィルター』を選択します。選択するたびに実際にフィルターが反映されるので、実際の効果を確認しながら選択することができます。

    Win10→フォトアプリ→編集モード→フィルター

  3. 最後に保存して終了です。

画像にフィルターをかけるやり方は以上です。

画像の明るさを変更する手順

曇りの日など光量が足りない状態で撮影すると、画像が全体的に暗くなってしまいます。しかし、画像の明るさを変更することである程度の改善を期待することができます。

  1. 編集モードより『ライト』アイコンをクリックします。

    Win10→フォトアプリ→編集モード→ライトボタン

  2. 右側に表示された『明るさ』をクリックします。

    Win10→フォトアプリ→編集モード→ライトボタン→明るさボタン

  3. 白い丸を円に沿って回すことで明るさを調節できます。

    Win10→フォトアプリ→編集モード→ライトボタン→明るさボタン→調整

    プラスの値にすると “明るく” なり、マイナスの値にすると “暗く” なります。

  4. 最後に保存して終了です。

画像の明るさを変更するやり方は以上です。

この他にも様々な編集を行うことができます。全ての例を挙げることはできませんが、ちょっとした修正であれば使えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事