[Win10] Internet Explorer 11(IE11)を無効にする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

Windows10には Webブラウザとして Microsoft Edge と Internet Explorer 11(IE11) がはじめからインストールされています。Microsoft Edgeや他のWebブラウザをメインで使用している人は使わない Internet Explorer 11(IE11) を無効にしても良いかもしれません。

Internet Explorer 11(IE11)では無く Microsoft Edge を無効にしたい場合、Microsoft Edgeは無効にすることが出来ないので「Microsoft EdgeではなくInternet Explorer 11(IE11)を使う」を参照してください。

無効にしてもアンインストールされるわけではありません。

Internet Explorer 11(IE11)を無効にするわけ

Windows10には Webブラウザとして Microsoft Edge と Internet Explorer 11(IE11) がはじめからインストールされていますが、デフォルトではMicrosoft Edgeが標準ブラウザとなっているのでInternet Explorer 11(IE11)をあえて無効にする必要はないかもしれませんが、何らかの理由で使用するブラウザをMicrosoft Edgeに固定したい場合などは無効にしておくと良いかもしれません。

IE11を無効にするやり方

  1. コントロールパネルより プログラムと機能 をダブルクリックします。

    Win10「コントロールパネル→プログラムと機能」

    コントロールパネルが見つからないという場合は「Windows10にもコントロールパネルはありますよ」を参照してください。

  2. プログラムと機能より左サイドメニューより Windowsの機能の有効化または無効化 をクリックします。

    Win10「コントロールパネル→プログラムと機能」

  3. ダイアログでWindowsの機能の一覧が表示されるので Internet Explorer 11 のチェックを外し OK をクリックします。

    Win10「コントロールパネル→プログラムと機能→Windowsの機能の有効化または無効化」

  4. 再起動を要求されたらパソコンを再起動します。

IE11を無効にするやり方は以上です。

まとめ

どうしてもInternet Explorer 11(IE11)を使いたくない(使わせたくない)と言うパソコンでしか意味のない設定ですが、社内システムなどでMicrosoft Edge限定のシステムがあれば使い道があるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事