ブラウザとURLを指定して特定の『Webサイト専用ショートカット』を作成する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

パソコンにインストールできるブラウザはInternet Explorer11はもちろん、FirefoxやChromeなど多数あり自分好みのブラウザを使用しているでしょう。しかし、Webサイトの中にはブラウザを限定しているWebサイトもあります。そのようなサイトは専用のショートカットを作成すると便利に使うことができます。

専用ショートカットのメリット

Webサイトを開く際、「ブラウザを立ち上げてサイトを検索して(もしくはブックマークを開いて)表示する…」と言う作業が必要になりますが、頻繁に使うようなWebサイトであれば専用のショートカットを作成しておけばダブルクリックするだけでサイトを開くことができます。

また、「IE11限定!」や「Chromeではうまく動作しないかもしれません」などの注意書きが書かれていることもあり、サイト別にブラウザを使い分ける必要に迫られることも多々あります。

このようにブラウザとWebサイトを一定の組み合わせで使用する場合、ブラウザとURLを指定して特定のWebサイト専用のショートカットを作成しておくと便利でオススメです。特に、職場で使用するような社内システムのショートカットを作成し、パソコンのスタートアップに登録しておけばパソコンの起動と同時にWebサイトにアクセスしたブラウザを立ち上げることも可能です。

ショートカットを作成する手順

ブラウザのパスを確認

ショートカットを作成するためには、対象ブラウザ(.exe)のフルパスが必要になります。フルパスはCドライブ配下のProgram Filesフォルダ内を探すか、ショートカットファイルから知ることができます。

参考 デスクトップのショートカットからファイルがあるフォルダを開く方法

ショートカットの作成

例として『Firefoxブラウザ』で『Yahoo!のトップページ』を表示させるショートカットを作成します。

  1. デスクトップの何もない所を右クリックし『新規作成』→『ショートカット』をクリックします。

    Win10→ショートカットの作成

  2. “項目の場所を入力してください” より『ブラウザのフルパス』と『WebサイトのURL』を半角スペースで区切ったものを入力し『次へ』をクリックします。

    Win10→ショートカットの作成→FirefoxでYahoo!

    以下のように “ファイル C:\Program がみつかりません。” とエラーが表示される場合には、パスを『”(ダブルクォーテーション)』で囲う必要があるので注意してください。
    ファイル C:\Program がみつかりません。

  3. “このショートカットの名前を入力してください” より『任意の名前』を入力し『完了』をクリックします。

    Win10→ショートカットの作成→FirefoxでYahoo!

  4. ショートカットアイコンが作成されます。

    Win10→ショートカットの作成→FirefoxでYahoo!

  5. 作成したショートカットをダブルクリックすると指定したブラウザとURLで起動します。

    Win10→ショートカットの作成→FirefoxでYahoo!

特定のWebサイト専用ショートカットを作成するやり方は以上です。

パソコンの起動時に、作成したショートカットを同時に起動したい場合には以下を参照してください。

参考 パソコンの起動時に自動的に任意のアプリケーションを実行する方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事