Google Chromeブラウザのフォントを変更する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

2017年01月の終わりごろに公開された “Google Chrome 56” では、標準フォントがメイリオに変更されました。これまでの方が「見やすかった」と言う場合には簡単に変更することができます。

MS Pゴシックからメイリオへ

これまでのGoogle Chromeブラウザは、標準フォントに “MS Pゴシック” が使用されていました。しかし、Google Chrome 56からはメイリオに変更となりました。MS Pゴシックからメイリオへの変更は「これが初めて」と言うわけでは無く過去にも変更されたことがありましたが、その後にMS Pゴシックへ戻されました。

どちらが好みかは人によって異なるでしょうが、「前の方が見やすかった」と言うことであれば簡単に変更することができます。

Windows10→Chrome→フォントの変更

フォントを変更する手順

  1. Google Chromeブラウザの『三点リーダー(3つの点)』をクリックします。

    Windows10→Chrome→アイコン→メニュー

  2. 表示されたメニューより『設定』をクリックします。

    Windows10→Chrome→メニュー

  3. 設定より『詳細設定を表示…』をクリックします。

    Windows10→Chrome→設定

  4. 詳細設定の “ウェブ コンテンツ” より『フォントをカスタマイズ』をクリックします。

    Windows10→Chrome→詳細設定

  5. 表示されたダイアログ “フォント” より『以前のフォント』に変更します。
    項目
    標準フォント メイリオ MS P ゴシック
    Serifフォント 游明朝 MS P 明朝
    Sans Serifフォント メイリオ MS P ゴシック
    固定幅フォント MS ゴシック MS ゴシック
    現在の設定値は “Windowsのバージョン” によって異なる場合があるので注意してください。
  6. 変更したら『完了』をクリックします。

    Windows10→Chrome→詳細設定→フォント

  7. フォントが変更されます。

    Windows10→Chrome→フォントの変更

Google Chromeブラウザのフォントを変更するやり方は以上です。

変更してみると意外と「見難い?」と感じるかもしれません。フォントは全体のイメージにもつながっており、変更されたことで最初は “違和感” がありますが、慣れれば気にならなくなるので、しばらくは変更せずに使ってみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする