[Win10] Webサイトをインストールソフトのように開く方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

パソコンにインストールして使うソフトウェアだけでなくブラウザから使うWebアプリなどが増えています。ブックマークから開いても良いですが、パソコンにインストールしたソフトウェアと同様にデスクトップにアイコンを作ると便利です。

ブラウザから使うソフトウェア

パソコンにインストールするタイプのソフトウェアは、WindowsやmacOSなどOSごとに作る必要があり大変です。しかし、インターネット上で動作するソフトウェアであれば、多くの場合でWebブラウザさえ動作すればOSを意識する必要が無いので便利です。このようなインターネット上のWebサイトで動作するソフトウェアをWebアプリと呼んでいます。

Webアプリは他のWebサイトと同様にブラウザから開いて使うのが一般的ですが、Webサイトをデスクトップに追加することで、パソコンにインストールしたソフトウェアと同じように専用のウィンドウを起動して使うこともできます。

Webサイトをデスクトップに追加する手順

例として、ブラウザ “Chrome” を用いてWebアプリ “TweetDeck(Twitterクライアント)” をデスクトップに追加します。
  1. Chromeブラウザで『(目的のWebサイト)』を開きます。

    Windows10→Chrome

  2. Chromeブラウザのメニューより “その他のツール” を選択し『デスクトップに追加』をクリックします。

    Windows10→Chrome→メニュー→デスクトップに追加

    メニューは『三点リーダー(3つの点)』をクリックすると開くことができます。
  3. 表示されたダイアログを確認し問題が無ければ『追加』をクリックします。

    Windows10→Chrome→メニュー→デスクトップに追加

    入力項目の “ウィンドウとして開く” のチェックを外すと、通常のショートカットと同様になります。
  4. デスクトップに “アイコン” が追加されます。

    Windows10→Chrome→メニュー→デスクトップに追加

    表示される “アイコン” は、Webサイト側に設定されているFaviconかと思われます。
  5. アイコンをダブルクリックして開くとブラウザではなく専用ウィンドウで起動します。

    Windows10→Chrome→メニュー→デスクトップに追加

Webサイトをデスクトップに追加するやり方は以上です。

ブラウザに備わっている “戻る” や “リロード” などのボタン類を始め “ブックマークバー” や “タブ” の類が全て非表示となった専用ウィンドウで起動するので、不特定多数の人が操作するWebアプリなど表示するのにも便利です。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事