Webブラウザで『リダイレクト』しないように強制する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

ブラウザでWebサイトを閲覧しているとアクセスしたURLとは別のURLへ変更されることがあります。これは『リダイレクト』と呼ばれる機能が働いているからですが、リダイレクトが働いているとリダイレクト前のサイトへアクセスすることができませんが、強制的にリダイレクトさせないようにすることもできます。

リダイレクトとは?

Webサイトを構築する際に、URLを変更したり複数のページを1つのページに集約したりすることが多々あります。その時に古いページにアクセスした閲覧者を新しく作成したページへ誘導するのが『リダイレクト』です。

例えば、『http://hoge.com/page/』と言うページのURLを『http://hoge.com/page-old/』と変更した場合、“page” にアクセスしたユーザーを “page-old” へと自動的に誘導することができます。
また、『http://hoge.com/page-1/』と『http://hoge.com/page-2/』を『http://hoge.com/new-page/』の1ページに集約した場合でも “page-1” と “page-2” へのアクセスを “new-page” へと誘導することが可能です。

リダイレクト前のページを見る

リダイレクト処理はURLにアクセスしてページの表示が開始される前に行われる為、アクセスしたユーザーはリダイレクト前の古いページをみることはできません。しかし、古いページに掲載されていた情報が、新しく構築されたページに記載されていない等の理由で、「古いページを見たい」と言う場合には本来アクセスしたいURL(リダイレクト前のURL)の最後に『&』を付けるとリダイレクトを強制的に停止させることができます。

『&』は半角の記号です。

まとめ

リダイレクト前のページは作成者が見せたい内容とは違うものですので情報の利用には注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事