フリーソフトで既存のPDFファイルに『パスワード』を設定する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

PDFファイルにパスワードをかけるにはAdobe Acrobatなどのソフトウェアが必要と思われがちですが、フリーソフトを用いてパスワードを設定することができます。セキュリティー対策が騒がれている昨今、新たな設備投資なしでセキュリティを向上させてみてはいかがでしょう。

パスワードを設定する2つの方法

フリーソフトでPDFファイルにパスワードを設定するには、PDFファイルの『作成』時と『編集』時の2つがあります。

PDFファイルを生成する際にパスワードを設定するには『CubePDF』などのフリーソフトを使用すれば簡単にできます。

参考 WordやExcelなど様々なファイルをPDFファイルに変換する方法

しかし、これを用いて既に作成済みのPDFファイルにパスワードを設定するためには、「PDFファイルをPDFファイルに変換する」と言う処理が必要になり二度手間になってしまいますの。

そこで、PDFファイルを編集できるフリーソフト『PDF-XChange Editor』を使用してパスワードを設定します。インストールが必要なので、インストールしていない場合には以下を参照してください。

参考 フリーソフトでPDFファイルを編集する方法

既存のファイルに設定する手順

  1. PDF-XChange Editorを起動し『PDFファイル』を開きます。

    PDF-XChange Editor→PDFの表示

  2. ツールバーの『ファイル』→『ドキュメントプロパティ』をクリックします。

    PDF-XChange Editor→PDFの表示

  3. ドキュメントプロパティのセキュリティより “セキュリティ設定” で『パスワード設定』を選択します。

    PDF-XChange Editor→セキュリティ設定

  4. パスワードセキュリティ設定より “ドキュメントを開く時にパスワードを求める” または “編集や文書の印刷を制限します” もしくは両方にチェックを付け、設定したい『パスワード』を入力します。

    PDF-XChange Editor→パスワードセキュリティ設定

    編集や印刷ができないように制限をかけたい場合には “権限” 欄を任意に設定します。

  5. 設定が完了したら『保存』を行います。

    通常の編集時と同様にPDFファイルの保存をしないと設定したパスワードが保持されませんので注意してください。

  6. PDFファイルを開くと『パスワード』を要求されるようになります。

    PDFファイルのパスワード

既存のファイルに設定するやり方は以上です。

使ってみて「Free Versionでは使いたい機能が使えない」と言う場合は有償の“PRO”ライセンスを購入すると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事