Let’s Note CF-NX2のモバイル性を生かす軽量バッテリーパック(S)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

私が所有しているCF-NX2のバッテリーは通常のバッテリーパック(L)です。このバッテリーバック(L)は少々重たいので重量が半分の軽量バッテリーパック(S)と言う選択もできます。

重量は半分

CF-NX2に最初から付いているバッテリーは通常のバッテリーパック(L)でした。このバッテリーパック(L)は約0.43 kgと少々重いです。しかも、CF-NX2本体に装着すると本体から出っ張ってしまい不格好です。
それに対して、軽量バッテリーパック(S)は約0.22 kgとバッテリーパック(L)の約半分程度の重量しかありませんし、サイズも半分になるので本体に装着しても出っ張ることなくスッキリとします。持ち運びを考えるのであれば軽量バッテリーパック(S)を選択すると良いです。

容量も半分

重量が半分、サイズが半分になると当然ですが容量も半分になります。バッテリーパック(L)の定格容量が12800mAhなのに対してバッテリーパック(S)の定格容量は6400mAhとちょうど半分になっています。
容量が半分になってしまうと使える時間も半分になってしまうので、バッテリーパック(L)の場合は約18時間、バッテリーパック(S)の場合は約9時間となってしまいます。

9時間使えれば充分

充電できない状態で何時間使うかは人それぞれですが、バッテリーパック(S)でも9時間は使えるので充分な長さではないでしょうか。もともとLet’s Noteはバッテリーの持続時間が長いのでバッテリーパック(S)でも充分な能力だと思います。

価格

バッテリーパック(S)の販売価格は1万円程度です。バッテリーが新品になるので1万円は悪くない値段だと思います。また、本体を中古で購入した場合、付属のバッテリーは劣化しているものと考えた方が良いので新品を購入しておくと安心です。

SX/NX用バッテリーパック(4セル) シルバー CF-VZSU75JS
パナソニック 2012-02-24
¥ 8,673

まとめ

バッテリーパック(L)とバッテリーパック(S)は時間を取るか持ち運びやすさを取るかの2択になると思います。どちらが良いかは自分のライフスタイルに合わせると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事