[Win10] 回復ドライブを作成する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windowsには “回復ドライブ” と呼ばれる機能が搭載されています。リカバリーディスクやDtoD領域がないパソコン(ポータブックなど)は回復ドライブを作成しておくと安心です。

回復ドライブってなに?

回復ドライブとは、Windowsが何かしらのトラブルによって正常に起動しなくなった際に、それを修復し正常に起動できるようにする機能です。

一般的なパソコンであればリカバリーディスクやDtoD領域からリカバリーすることができるので、回復ドライブを必要とする機会はほとんどありませんが、昨今では専用のリカバリー方法を用意していない製品(ポータブックなど)もあるので、その場合には事前に作成しておくことが推奨されます。

回復ドライブを作成する手順

回復ドライブの作成にはUSBメモリーが必要になります。必要な容量はパソコンによって異なり作成途中に表示されるので、新規に購入する場合には一度実行し必要な容量の確認をオススメします。
  1. コントロールパネルよりか『回復』をクリックします。
    参考 見当たらない『コントロールパネル』を開く方法

    Windows10→コントロールパネル

  2. 高度な回復ツールより『回復ドライブの作成』をクリックします。

    Windows10→高度な回復ツール

  3. 回復ドライブの作成より “システムファイルを回復ドライブにバックアップします” をチェックし『次へ』をクリックします。

    Windows10→回復ドライブの作成

  4. USBフラッシュドライブの接続より “必要な容量” を確認しUSBメモリーを接続します。

    Windows10→回復ドライブの作成

  5. USBフラッシュドライブの選択より “対象のUSBメモリー” を選択し『次へ』をクリックします。

    Windows10→回復ドライブの作成

    画像の “使用可能なドライブ” に表示されている「回復」は、使用するUSBメモリーによって異なり「ラベルなし」などと表示される場合もあります。
  6. 回復ドライブの作成より表示内容を確認し問題がなければ『作成』をクリックします。

    Windows10→回復ドライブの作成

  7. 「回復ドライブの準備ができました」と表示されたら『完了』をクリックします。
    Windows10→回復ドライブの作成

回復ドライブを作成するやり方は以上です。

Windows10の場合には “インストールメディア” を作成すれば、回復ドライブが無くともクリーンインストールなどを実行することができます。

参考 メディアクリエイションツールで “インストールメディア” を作成する方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事