[Win7] エディションとビット数を確認する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windows10へのアップデートは現在使用しているエディションを、ほぼそのままスライドしてアップデートされます。自分のWindows7がどのエディションなのかを確認しておきましょう。

エディションとは?

Windows7と言うバージョンの中で、構成や機能、用途が異なる製品のことを指します。Windows7ではStarter、Home Premium、Professional、Ultimateなどがあります。
Windows7では一時期に流行ったネットブックにはStarterが、一般家庭用にはHome PremiumもしくはProfessional、法人向けにはProfessionalが多く使われています。

ビットとは?

ここで言うビットとは、32bitもしくは64bitのことを指しています。Windows XPの頃は32bitが主流でしたが、Windows 7になってからは64bitが主流になってきました。
32bitと64bitの違いは難しいですが、単純に数値が大きい方が性能が良いと思ってしまっても良いと思います。ただ、「性能が良い」と言うよりは「効率が良い」と言う言葉のほうが合う気がします。

Windows7での確認方法

確認する方法は非常に簡単です。

  1. “スタートメニュー”→”コンピューター”を右クリックし「プロパティ」をクリックします。

    Windows7「コンピューターのプロパティ」

  2. 表示された画面の”Windows Edition”の欄がエディション、”システムの種類”の欄がビットにあたります。

    Windows7「エディションとビット」

Windows7とWindows10の対応

Windows7からWindows10へアップデートされるエディションの対応は以下の通り。こう見るとStarterの人は得した気分ですね。

Windows7 Starter Windows10 Home
Windows7 Home Premium
Windows7 Professional Windows10 Pro
Windows7 Ultimate

まとめ

Windowsは知っていれば簡単と言う操作がたくさんあります。どこに何が記載されているか何度も操作して覚えておくといざチェックしたいときに便利です。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事