[Win10] パソコンのHDDに記録されたデータを復元できないように消去する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

パソコンのハードディスクドライブに記録されたデータは削除しても、専用のソフトウェアを用いれば復元することができてしまいます。そのため、パソコンやハードディスクドライブを譲渡や廃棄する際にはデータを復元できないように完全消去しておくと良いでしょう。

完全消去は 復元できないこと を保証するものではありません。そのため、全てを自己責任にて行い何がおきても一切の責任は負いません。

完全消去とは?

パソコンのハードディスクなどに搭載されている電子記録媒体は、パソコン上からデータを削除しても『削除済み』と言う印をつけているだけなので、データ本体が実際に削除されれることは無く特定の手法によってデータの復元ができてしまいます。

参考 削除したファイルのデータを復元する方法

この削除済みのデータは他のデータを記録する際に上書きされるので、データを完全に削除したい場合には任意のデータを書き込めばよいことになります。

HDDを完全消去する手順

ハードディスクドライブを完全消去するためにはフリーソフトを使用するのが一般的ですが、実はWindowsにも標準機能として備わっています。この機能はHDD(ハードディスクドライブ)の空き領域を完全消去するので、使用中のパソコンに搭載されているHDDでも完全消去することが可能です。

また、外付けHDDの完全消去も可能なので別のパソコンから取り外したHDDなどは専用のケースを使えば、Windowsが起動しなくなったパソコンの完全消去もすることができます。

[工具不要]Inateck USB 3.0 HDDケース外付け 2.5インチ厚さ9.5mm/7mmのSATA HDD/SSDに対応 UASPサポート
Inateck
¥ 1,999

ハードディスクドライブの空き領域を完全消去するので、あらかじめ不要なデータは削除しておきます。

  1. コマンドプロンプトを起動します。やり方が解らない場合には以下を参照してください。

    参考 Windowsのコマンドプロンプトを起動する方法

  2. 削除対象のドライブが Dドライブ の場合、コマンドプロンプトより以下のコマンドを実行します。
    C:>cipher /w:D:
    

    “D” は一例です。実際には完全消去の対象ドライブレターに変更してください。

  3. すると「0x00 に書き込み中」 → 「0xFF に書き込み中」 → 「乱数 に書き込み中」と処理が進みます。
    0x00 に書き込み中
    ..................................
    0xFF に書き込み中
    ..................................
    乱数 に書き込み中
    ..................................
    

    どれくらいの時間がかかるかは、パソコンのスペックやHDDの容量によって異なるので何とも言えませんが、場合によっては長い時間がかかるので注意してください。

  4. 最後に C:> と表示されれば完了です。
    C:>
    

データの完全消去は以上です。

また、個人情報など 絶対に漏洩してはいけないデータ が保存されていた場合には、ドリルなどで ディスクを破壊 することをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事