[Win10] スピーカーの音量を個別に調節する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windowsなどのパソコンを操作していると様々な音が鳴ります。ボリュームのコントロールは簡単に行えますが「システム音だけ消したい」のように一部の音を個別に調節することもできます。

パソコンで鳴る音

Windowsなどのパソコンを使用している際には “クリック音” や “エラー音” などのシステム音を始め “Windows Media Player” などのメディア音が再生されます。

これらの音を鳴らないようにする為にはスピーカーを “消音” に設定するのが早いですが、動画などを頻繁に閲覧するのであれば「システム音だけを消す」と言ったことも可能です。

スピーカーを消音にする手順

まず最初にスピーカー全体の音を消す(または調節する)やり方を紹介します。

全体の音を調節する

  1. 画面右下の “タスクトレイ” より『スピーカー』アイコンをクリックします。

    Windows10→アクションセンターアイコン

  2. 表示されたスライダーより『スピーカー』アイコンをクリックすると、その度に “消音” → “解除” が切り替わります。

    Windows10→タスクトレイ→ボリューム調整

    スライダーを調節することで音量の調節が可能です。

全体の音を調節するやり方は以上です。

次に「システム音だけ」や「Windows Media Playerの再生音だけ」を消す(または調節する)やり方を紹介します。

個別の音を調節する

  1. 画面右下の “タスクトレイ” より『スピーカー』アイコンを右クリックします。

    Windows10→アクションセンターアイコン

  2. 表示されたコンテキストメニューより『音量ミキサーを開く』をクリックします。

    Windows10→タスクトレイ→スピーカーコンテキストメニュー

  3. 表示された音量ミキサーより “システム音” や “その他アプリケーション” の『スピーカー』アイコンをクリックすると、その度に “消音” → “解除” が切り替わります。

    Windows10→音量ミキサー

    スライダーを調節することで音量の調節が可能です。
    Windows media Playerなどのアプリケーションは通常では表示されておらず、アプリケーションの起動時のみ項目が表示されます。

個別の音を調節するやり方は以上です。

まれに「エラー音やクリック音だけ異常に大きい」と言った場合があるので、そういった場合にはシステム音のボリュームだけ小さくすると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする