[Win10] タスクバーにテキストなど “任意のファイル” を『ピン留め』する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windows10ではタスクバーに対してアプリケーションのショートカットを表示させることができますが、特定のファイルを表示させることは意外と難しいものです。

ファイルのピン留めはできない?

タスクバーにピン留めをする場合、アプリケーションであれば対象のファイル(もしくはショートカット)をドラッグ&ドロップするだけでできます。しかし、特定のファイルとなると話は別で、ドラッグ&ドロップしても関連付けされたアプリケーションが起動するだけでファイル自身を開くことはできません。

参考 いろいろなところにショートカットを作成できる『ピン留め』とは?

しかし、特殊なショートカットファイルを作成すれば、タスクバーにテキストなど任意のファイルをピン留めすることができます。

ファイルをピン留めする手順

  1. デスクトップの任意の場所で右クリックし、表示されたコンテキストメニューから『新規作成→ショートカット』をクリックします。

    Win10→コンテキストメニュー→ショートカット

  2. ショートカットの作成において “項目の場所を入力してください。” に対して『[アプリのパス] [ファイルのパス]』を入力し『次へ』をクリックします。
    C:\Windows\System32\notepad.exe c:\dummy.txt
    

    Windows10→ショートカットの作成

    例として “メモ帳” で “dummy.txt” と言う名のテキストファイルを開きます。

    “アプリのパス” と “ファイルのパス” は半角スペースで区切ります。

    参考 デスクトップのショートカットからファイルがあるフォルダを開く方法

  3. 続けて “ショートカットの名前を付けてください。” より任意の名前を入力し『完了』をクリックします。

    Windows10→ショートカットの作成

  4. 作成したショートカットをタスクバーへ『ドラッグ&ドロップ』します。

特定のファイルをピン留めするやり方は以上です。

ファイル自体のショートカットはピン止めできないのに、作成したショートカットがピン留めできる理由は、作成したショートカットがあくまでもアプリケーション(この場合はメモ帳)のショートカットであるからです。このアプリケーション『メモ帳』に対して、起動時に目的のファイルのパスを与えている(これを引数と呼びます)ために、任意のファイルが表示できるようになっています。

Windows8.1では “Pin to 8” と呼ばれるソフトウェアで可能のようですが、Windows10では動作しないとのことなので「できなくなった!」という人は試してみると良いでしょう。