[Win10]デスクトップのショートカットからファイルがあるフォルダを開く方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

久しぶりにWindows10のTipsです。と言ってもWindows10以外でも使える方法ですが。ショートカットからファイルのあるフォルダを開く方法です。

ショートカットの実体がどこにあるのかわからない

Windowsのデスクトップにショートカットを置いて居る人は多くいると思います。長いことショートカットを置いておくと、そのショートカットの実体(本体)のファイルがどこにあるのかわからなくなってしまう事があります。
そんな時は、プロパティーから実体(本体)ファイルのあるフォルダーを開くことができます。

ショーカットから実体(本体)ファイルのフォルダーを開く

  1. ショートカットを右クリックして、表示されたコンテキストメニューから「プロパティー」をクリックします。
    Windows10ショートカットのコンテキストメニュー

  2. 選択したショートカットのプロパティーが開くので、「ファイルの場所を開く」をクリックします。
    Windows10「ショートカットのプロパティ」

  3. すると、新しいウィンドウでショートカットの実体(本体)ファイルが格納されているフォルダーが表示されます。
    Win10「ショートカットの実体(本体)ファイルが格納されているフォルダー」

  4. 以上で終了です。

まとめ

ショートカットのファイルを誰かに送ったりする際にファイルがどこにあるかわからなくなることがよくあるので、フォルダーの場所がすぐに開けるのは非常に便利です。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事