[Win10] SmartScreenを設定にする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windowsには「Windows Defender SmartScreen」と呼ばれる機能があります。この機能はオンにしておくのが望ましいものの、環境によってはオフにしたくなる場合もあります。

SmartScreenってなに?

SmartScreenとは、アプリケーションのインストール時などにマイクロソフトが安全性を確認できていない場合に警告を表示する機能です。以前より実装されている機能なので見たことのある人も多いでしょう。

Win10→WindowsによってPCが保護されました

また、この機能はインターネット経由で「安全性の確認」を行う関係で、インターネットに接続できない環境だと常に警告ダイアログが表示されてしまうことになります。

Win10→WindowsによってPCが保護されました

セキュリティー上の観点からもオフにするのは非推奨ではあるものの、インターネットに接続されていない(接続できない)パソコンなどで、いちいち表示されるのが面倒な場合にはオフにすることができます。

警告ダイアログが表示されても、インストールは継続することができます。
参考 エラー『WindowsによってPCが保護されました』の対処方法

SmartScreenを設定する手順

オフにすることで何らかのトラブルに繋がる場合があります。そのため、すべて自己責任にて行い何がおきても一切の責任は負いません。
  1. 設定より『更新とセキュリティ』をクリックします。

    Windows10→Creators Update→設定

  2. 更新とセキュリティの “Windows Defender” より『Windows Defenderセキュリティセンターを開きます』をクリックします。

    Windows10→設定→更新とセキュリティ→Windows Defender

  3. Windows Defenderセキュリティセンターの “アプリとブラウザーコントロール” より『アプリとファイルの確認』『Microsoft EdgeのSmartScreen』『WindowsストアアプリのSmartScreen』をそれぞれ設定します。

    Windows10→Windows Defender

    SmartScreenを無効にしたい場合には『オフ』を選択します。

SmartScreenを設定するやり方は以上です。

以前は、設定に項目があったと思いますが、いつの間にか(Windows10 Creators Update?)Windows Defenderに統合されたようです。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事