[Win10] スクリーンセーバーを設定する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

最後に目にしたのがいつかすらも忘れてしまったぐらいに使っていない “スクリーンセーバー” をですが、Windows10でも使えるようなので設定してみました。

スクリーンセーバーとは?

ほとんどのパソコンに搭載されている機能で、パソコンを長い間操作しなかった際に画面に表示される各種アニメーションの類をスクリーンセーバーと呼びます。

「スクリーン(画面)のセーバー(保護するもの)」と言う名のとおり、パソコンのディスプレイを保護するために起動するもので、古くはCRT(ブラウン管)を採用したディスプレイにおいて、静止画面によるディスプレイへの焼き付きを防止する目的で使用されていました。しかし、焼き付きがしにくい液晶ディスプレイが主流となった昨今では、その主たる役割が「焼き付き防止」と言うよりも「セキュリティ対策(無操作状態で画面が切り替わるため)」で使用されることが多くなっています。

ただ、長時間の無操作時には省電力を目的として「ディスプレイの電源を切る」や「スリープにする」と言ったことが多くなり、スクリーンセーバーを使う機会が減ったことが影響してか、Windows10ではスクリーンセーバー機能がデフォルトで “オフ” に設定され無効になっているようです。そのため、設定を “オン” にして有効にすれば以前のように使うことができます。

スクリーンセーバーを設定する手順

  1. 設定より『個人用設定』をクリックします。

    Windows10→設定

  2. 個人用設定の “ロック画面” より『スクリーンセーバー設定』をクリックします。

    Windows10→設定→個人用設定→ロック画面

  3. スクリーンセーバーの設定より “任意のスクリーンセーバー” と “待ち時間” などを選択しOK(適用)をクリックします。

    Windows10→スクリーンセーバーの設定

    スクリーンセーバーをオフ(無効)にする場合は “(なし)” を選択します。
    プレビューをクリックすることでデモ表示させることができます。
  4. 指定時間(待ち時間)経過後にスクリーンセーバーが起動します。

    Windows10→スクリーンセーバー→Windows10

スクリーンセーバーを設定するやり方は以上です。

最近ではノートパソコンを使う人も多く特にバッテリー駆動させる場合も考えて、前述した通りスクリーンセーバーを起動させるよりは「ディスプレイの電源を切る」「スリープにする」と言った設定の方が良いでしょう。ただ、電源を切ったりスリープにしたりする時間よりも短い時間にスクリーンセーバーを起動すれば両方を活用することもできるので、好みに合わせて設定してみると良いでしょう。

参考 パソコンの無操作時に『スリープ』に移行する時間を設定する方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事