[Win10] ロック画面にランダムに表示される画像を常に表示させる方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windows10のロック画面では「Windowsスポットライト」と呼ばれる機能によって様々な写真(画像)が自動的に表示されるようになっています。表示される画像の中で気に入った画像があれば、それを保存して常に表示させることもできます。

ロック画面に表示される画像

Windows10のロック画面に表示される画像は「Windowsスポットライト」と呼ばれる機能によってランダムに表示されるようになっています。

Windows10→ロック画面

参考 ロック画面に好みでない画像が表示されないようにする方法

この画像はある程度は自分の好みを反映させることができますが、表示された画像(写真)の中に気に入ったものがあれば、それを常に表示したいと考えることもあるでしょう。

この表示されている画像はパソコン内に保存されているので、それを使えばランダムでは無く固定して表示させることも可能です。

画像の2次使用に関しては著作権侵害の可能性があるので「ロック画面に表示させる」以外の用途で使用しないようにしてください。また、すべて自己責任で行い何がおきても一切の責任は負いません。

ロック画面の画像を保存する手順

  1. エクスプローラーよりロック画面の画像ファイルが保存されているフォルダを開きます。
    %LOCALAPPDATA%\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\LocalState\Assets
    
    Winキーを押下しながらRキーを押下し、表示されたダイアログに上記を入力しても表示できます。
    参考 『ファイル名を指定して実行』を上手に使う方法
  2. Windowsスポットライトが使用するファイルを格納するフォルダが開くので、ファイルを別の場所にコピーしてからファイル名を画像ファイル(.jpg)に変更して確認します。
    参考 意外と知らない?ファイルやフォルダーの名前を変更する方法

    Windows10→Windowsスポットライトの保存フォルダ

    どれが「画像ファイルか?」を一目で判別するのは難しいですが、サイズの大きなファイルからチェックすると見つけやすいかもしれません。
  3. 対象のファイルを任意のフォルダーに保存します。

    Windows10→ロック画面の画像

ロック画面の画像を保存するやり方は以上です。

保存した画像ファイルを用いてロック画面の背景画像(いわゆる壁紙)を設定すれば、常に気に入った画像を表示させることができます。

参考 ロック画面に表示する画像を設定する方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事