Windows10をセーフモードで起動する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windowsの起動モードの一つに “セーフモード” と呼ばれるモードがあります。従来のWindowsでは起動方法がわかりにくかったですが、Windows10では簡単に起動することができるようになりました。

セーフモードとは?

Windowsの起動モードの1つで、Windowsの起動時に読み込む機能を必要最小限に限定します。パソコンの動作が不安定などのトラブル時に、セーフモードで起動することで原因の切り分けなどをすることができます。

このセーフモードは、一般的に利用されるモードではないことから起動方法がわかりにくかったですが、Windows10では設定から簡単に移行することができるようになっています。

セーフモードに移行する手順

  1. 設定より『更新とセキュリティ』をクリックします。

    Windows10→設定

  2. 更新とセキュリティの回復にある “PCの起動をカスタマイズする” より『今すぐ再起動する』をクリックします。

    Windows10→設定→更新とセキュリティ→回復

  3. オプション選択より『トラブルシューティング』をクリックします。

    Windows10→オプション選択

  4. トラブルシューティングより『詳細オプション』をクリックします。

    Windows10→オプション選択→トラブルシューティング

  5. 詳細オプションより『スタートアップ設定』をクリックします。

    Windows10→オプション選択→トラブルシューティング→詳細オプション

  6. スタートアップ設定より『再起動』をクリックします。

    Windows10→オプション選択→トラブルシューティング→詳細オプション→スタートアップ設定

  7. スタートアップ設定よりF4キーを押下します。

    Windows10→オプション選択→トラブルシューティング→詳細オプション→スタートアップ設定

  8. 画面左上などに “セーフモード” と表示されて起動すれば完了です。

    Windows10→セーフモード

Windows10にてセーフモードに移行するやり方は以上です。

一般的には起動時にF8キーを押下することによって移行させるセーフモードですが、Windows 10では高速起動によりセーフモードに移行できない場合もあるので、やり方を覚えておくと役に立つかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事