[Win10] 削除したファイルのデータを復元する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

パソコンのデータを誤って削除してしまっても、専用のソフトウェアを使用すれば復元できる可能性があります。フリーソフトを使っても可能なので、使い方を覚えておく事をオススメします。

復元できることを保証するものではありません。また、すべて自己責任にて実行し何がおきても一切の責任は負いません。

ファイルが復元できる理由

パソコンのハードディスクなどに搭載されている電子記録媒体は、パソコン上からデータを削除しても『削除済み』と言う印をつけているだけなので、データ本体が実際に削除されれることはありません。

そのため、その印を除去してしまえばデータの復元が簡単に行えることになります。ただし、印のつけられたデータは他のデータの上書きを許すことになるので、上書きされていないデータが対象となります。したがって、100%の復元ができるとは限りません。

ファイル復元の手順

ファイルの復元はフリーソフトウェアを使って行います。

インストール

  1. 公式サイト『DiskDigger | Undelete and recover photos, documents, music, videos, and more!』にアクセスし『Download』をクリックします。

    Web→DiskDigger

  2. Download DiskDiggerより『Download now!』をクリックしファイルをダウンロードします。

    Web→DiskDigger→ダウンロード

  3. ダウンロードした.zipファイルを展開(解凍)すれば完了です。

    参考 標準機能でファイル・フォルダの『圧縮・展開』をする方法

インストールのやり方は以上です。

DiskDiggerの使い方

このソフトウェアは内蔵ハードディスクだけでなく、USBなどを使用した外付けハードディスクでも復元が可能です。

  1. DiskDiggerを起動したら『スキャンする対象』を選択します。

    Win10→DiskDigger

    日本語のWindowsを使用していれば自動的に日本語で表示されますが、別の言語で表示された場合には右上のプルダウンより『日本語』を選択すれば日本語化することができます。

  2. “どのようにドライブをスキャンしますか?” と表示されたら『スキャンする方法』を選択します。

    Win10→DiskDigger

  3. 検索するファイル形式が決まっているのであれば、『対象のファイル形式』のみを選択します。

    Win10→DiskDigger

  4. 検索が開始され、検索された復元可能なファイルがリストに追加されていきます。

    Win10→DiskDigger

  5. リストから『復元したいファイル』を選択し『選択されたファイルを保存』をクリックします。

    Win10→DiskDigger

  6. 保存先のフォルダーを選択します。

    Win10→DiskDigger

  7. 登録キーの入力を促されますが、個人での使用に限りフリーソフトとして使用できるので『続行登録なし』をクリックします。

    Win10→DiskDigger

    個人以外で使用する場合にはライセンス(登録キー)を取得する必要があります。

  8. 指定した保存場所に削除済みのファイルが復元されます。

DiskDiggerの使い方は以上です。

このように比較的簡単にファイルの復元はできてしまいます。そのため、復元できないようにする為には特別な処理をする必要があります。

参考 パソコンのHDDに記録されたデータを復元できないように消去する方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事