[Win10] Windowsのリモートデスクトップで他デバイスから接続する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

歴代のWindowsシリーズには “リモートデスクトップ” と呼ばれる機能があり、他のデバイス(パソコンなど)からネットワーク経由で接続することで遠隔操作をすることができるようになっています。

リモートデスクトップってなに?

Windowsに搭載されており、パソコンをネットワーク上の他デバイス(パソコン等)から遠隔操作するための機能を「リモートデスクトップ」と呼び、各パソコンはエディションによって「操作する側(クライアント)」と「操作される側(サーバー)」に分かれます。そのため、Windows10 Homeではクライアントとしてのみ動作し、Windows10 Proなどではサーバーとクライアントの両方として動作することができます。

このリモートデスクトップは、デフォルトで無効になっているので接続するためには設定より有効にする必要があります。

参考 Windows10の『Home』と『Pro』の違い

リモートデスクトップを有効にする手順

  1. コントロールパネルより『システム』をクリックします。

    Windows10→コントロールパネル

  2. システムより『リモートの設定』をクリックします。

    Windows10→システム

  3. システムのプロパティより “リモート” タブを開き『このコンピューターへのリモート接続を許可する』を選択します。

    Windows10→システムのプロパティ

    Windows XPなどの古いOSからの接続する場合には『ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する』のチェックを外さないと接続することができません。

リモートデスクトップを有効にするやり方は以上です。

リモートデスクトップは “パソコン同士” や “Windows同士” で接続すると思われがちですが、昨今ではタブレットなどからも接続できるので、Androidタブレットを疑似Windowsタブレットのように使うこともできます。

参考 タブレットからリモート接続してWindows10をタッチ操作する方法
参考 インターネット経由でパソコンをリモートコントロールする方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事