[Win10] 自宅や会社でのみWindows Updateを自動更新する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

スマートフォンでテザリング中にWidows Updateが自動更新されてダウンロードが始まってしまうと容量制限に引っかかる恐れがあるので、自宅にいるときだけ自動更新されるように設定してみました。

この設定は検証が必要な内容ですので実行する場合には自己責任でお願いします。何がおきても一切の責任は負いません。

前提条件

Windows10をはじめ最近のWindowsには”ネットワークの場所”と言うのがあり、自宅などの回線を想定したプライベートネットワークとWi-Fiスポットなどを想定したパブリックネットワークの2種類に分けられます。
今回はプライベートネットワークでのみWindows Updateが自動更新されるように設定しますので、自宅や会社はプライベートネットワーク、それ以外はパブリックネットワークとなっていることが必要です。

Windowsファイアウォールを設定する

  1. スタートボタンを右クリックし「コントロールパネル」をクリックします。

    Windows10「スタートボタン→コントロールパネル」

  2. コントロールパネルより「Windowsファイアウォール」をクリックします。

    Windows10「コントロールパネル→Windowsファイアウォール」

  3. Windowsファイアウォールより「詳細設定」をクリックします。

    Windows10「Windowsファイアウォール→コントロールパネル」

  4. 「受信側の規則」を選択し「新しい規則」をクリックします。

    Windows10「Windowsファイアウォール→受信の規則」

  5. ウィザードが表示されます。「カスタム」にチェックを付けて「次へ」をクリックします。

    Windows10「受信の規則→カスタム」

  6. サービスの「カスタマイズ」をクリックします。

    Windows10「受信の規則→カスタマイズ」

  7. 「このサービスに適用する」にチェックを付け「Windows Update」選択し「OK」をクリックしウィンドウを閉じたら「次へ」をクリックします。

    Windows10「受信の規則→Windows Update」

  8. “プロトコルおよびポート”は問題なければデフォルトのまま「次へ」をクリックします。

    Windows10「受信の規則→プロトコル及びポート」

  9. “スコープ”は問題なければデフォルトのまま「次へ」をクリックします。

    Windows10「受信の規則→スコープ」

  10. “操作”は「接続を許可する」にチェックを付けて「次へ」をクリックします。

    Windows10「受信の規則→接続を許可する」

  11. “プロファイル”は「プライベート」のみにチェックを付けて「次へ」をクリックします。

    Windows10「受信の規則→プライベートのみ」

  12. 最後にわかりやすいように任意の名前を付けて「完了」をクリックします。

    Windows10「受信の規則→名前を付ける」

以上で終了です。

Windowsファイアウォールは細かい設定ができるので、このほかにも制御したアプリケーションがあれば設定すると通信を制御できるので便利です。

Windows Updateを手動で実行するようにしたい場合には「Windows Updateを手動にする方法」を参照してください。
スポンサーリンク

シェアする