[Win10] 通知ポップアップが表示される長さを変更する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windows10にはスマートフォンでおなじみの “通知領域” が搭載されています(アクションセンターと呼ぶ)。通知が行われるとポップアップで教えてくれますが、表示時間が短く見逃しがちだったので変更してみました。

通知ポップアップとは?

Windows10では、メールアプリなどがメールを受信すると通知が行われます。この通知はポップアップされますが、ポップアップの表示時間が短いことがあり見逃しがちになってしまいます。見逃した通知は「アクションセンター」と呼ばれる通知領域で一覧を確認することができますが、いちいち開くのも面倒です。

Windows10の通知

この場合、通知ポップアップの表示時間を変更してみると良いでしょう。

通知の表示時間を変更する手順

  1. 設定より『簡単操作』をクリックします。

    Windows10→Creators Update→設定

  2. 簡単操作の “その他のオプション” より『通知を表示する長さ』を変更します。

    Windows10→設定→簡単操作→その他のオプション

    デフォルトの表示時間は “5秒” で、最長で “5分” まで延長することができます。

通知ポップアップが表示される時間を変更するやり方は以上です。

通知時間を長くするのではなく消すことも可能です。通知が「うっとおしい」と言う場合には非表示にしてしまうのが良いでしょう。

参考 通知のオン/オフを切り替える方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事