[Win10] Windows10の日本語入力システムが色んな意味で賢い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

OSをWindows10にアップデートしてから便利になったと感じたのが日本語入力システム(いわゆるIME)です。

Microsoft IMEの便利なところ

正直な話をすればWindows10にアップデートしてから便利になったと感じた訳では無くWindows10にアップデートしてから気が付いたが正確です。そのため、Windows7や他のIMEでは当たり前にできる事かもしれません。

英単語に変換

カタカナ語を入力して変換すると英単語を表示してくれます。例えば、『まいくろそふと』と入力して変換すると候補に『Microsoft』が表示されます。

いんたーねっと Internet
おふぃしゃる official
あっぷでーと update

ただし、2語からなる言葉は変換できないようです。例えば『すまーとふぉん』は『smartphone』とはならず、『すまーと』と『ふぉん』で変換する必要があります。

絵文字変換

特定のキーワードを入力して変換すると絵文字に変換してくれます。例えば、『ぺんぎん』と入力すると『ペンギンの絵文字』が候補に表示されます。

Microsoft IME「ペンギンの絵文字変換」

環境依存文字なのでWebサイトやメール等で使用すると文字化けするので注意してください。

まとめ

意図しないところで変換されるとイラッとしますし、絵文字なんかは使いどころがないので微妙ですがなかなか面白い機能だと思います。英単語に変換するのは結構使えるので便利です。

将来的には日本語を英語に翻訳してくれないかと期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事