[Win10] メディアクリエイションツールで “インストールメディア” を作成する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

マイクロソフトが提供する “Media Creation Tool(メディアクリエイションツール)” を用いるとWindows10のクリーンインストールや再インストール、アップデートを実行できるインストールメディア(USBメモリやDVD)を作成することができます。

メディアクリエイションツールとは?

Windows10は、Windows7やWindows8(8.1含む)などから無料アップデートが提供されていました。アップデートする手段として “USBメモリ” や “DVD” などメディアを用いる手段が提供され、これらのインストールメディアを作成するためのツールがMedia Creation Tool(メディアクリエイションツール)と呼ばれています。

ソニー USB3.0対応 ノックスライド式高速(200MB/s)USBメモリー 16GB ブラック キャップレス USM16GQX
ソニー 2013-07-12

メディアクリエイションツールにて作成されたインストールメディアを使うと、Windows10へのアップデートだけでなくクリーンインストールや再インストールを行うこともできます。

インストールメディアの作成手順

インストールメディアの作成は、アップデートまたはインストール対象のパソコン以外でも可能です。
  1. ブラウザより “Windows 10 のダウンロード” にアクセスし『ツールを今すぐダウンロード』をクリックします。

    Microsoft→Windows10→メディアクリエイションツール

  2. ダウンロードしたファイルを実行し、表示された内容を良く確認した上で問題が無ければ『同意する』をクリックします。

    Windows10→メディアクリエイションツール

  3. 実行する操作として “別のPCのインストールメディアを作成する(USB フラッシュ ドライブ、DVDまたはISOファイル)”を選択し『次へ』をクリックします。

    Windows10→メディアクリエイションツール

  4. 対象パソコンに合わせて “オプション” を選択し『次へ』をクリックします。

    Windows10→メディアクリエイションツール

    オプションの “エディション” と “アーキテクチャ” は現在のOSと合わせるのが適切でしょうが、場合によっては「32bitから64bitへ」などと変更できる場合もありますので自己責任にて選択してください。
    参考 パソコンの “エディション” と “アーキテクチャ” を確認する方法
  5. 使用するメディアとして “USB フラッシュ ドライブ” を選択し『次へ』をクリックします。

    Windows10→メディアクリエイションツール

    「少なくとも4GB必要です。」と記載されていますが、4GBのUSBメモリーではダウンロード後に失敗したので、今回は8GBのUSBメモリーを用いました。
  6. 表示された “USB フラッシュ ドライブ” を選択し『次へ』をクリックします。

    Windows10→メディアクリエイションツール

    表示されない場合は「容量が足りない」「認識されていない」などの原因が考えられます。
  7. インストールメディアのダウンロードが始まるのでしばらく待ちます。

    Windows10→メディアクリエイションツール

  8. ダウンロードが完了したら作成が始まるのでしばらく待ちます。

    Windows10→メディアクリエイションツール

  9. 「USB フラッシュ ドライブの準備ができました」と表示されたら『完了』をクリックします。

    Windows10→メディアクリエイションツール

メディアクリエイションツールを使って “インストールメディア” を作成するやり方は以上です。

対象が1台だけであれば “インストールメディア” を作成する必要は無いかもしれませんが、複数台などで「いちいちダウンロードするのが面倒だ」と言う場合には、1つ作るだけで複数台をアップデートすることができるので非常に便利です(もちろん、各パソコンにはWindows10のライセンスが必要です)。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事