[Win10] IPアドレスが競合したときの対処方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windows10を搭載したパソコンを起動させたら「IPアドレスの競合が検出されました」とエラーダイアログが表示されました。Wi-FiルーターのDHCPを使って自動的に割り当てていたので「何かの間違いだろう」と無視していましたが、何度も表示されてしまったので対処することにしました。

IPアドレスの競合とは?

そもそも “IPアドレス” とは、インターネットに接続するネットワーク機器に割り当てられる番号です。

192.168.1.123

このIPアドレスは一意(ユニーク)であり、各ネットワーク機器は「重複しない番号を持つ」と定められていますが、何らかの理由によって同じIPアドレスが割り当てられてしまうことがあり、これをIPアドレスの競合と呼びます。

Windowsを搭載したパソコンでは、IPアドレスの競合が発生すると「IPアドレスの競合が検出されました」とエラーダイアログが表示されるようになっています。

Windows10→ダイアログ→IPアドレスの競合が検出されました

競合する原因は?

IPアドレスは、ルーターなどからDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)と呼ばれる機能を介して自動的に割り当てられたり、手動で設定したりすることができます。一般家庭でWi-Fiルーターなどを導入していれば、各機器(パソコンやスマートフォンなど)に重複しないIPアドレスが割り当てられますが、手動で設定したりしていると「誤って同じIPアドレスを設定してしまった」と言うことはありえます。この場合には、手動で設定しているIPアドレスを一意(ユニーク)になるように再設定するだけで解決できます。

しかし、まれにDHCPを使って自動的に割り当てているのにも関わらず、同じIPアドレスが割り当てられてしまう場合があります。この場合、機器の再起動などをしてDHCPから新たにIPアドレスを取得するようにすれば解決することも多いですが、IPアドレスは一定期間保持するようになっていることも多いので、切り替わらない場合には別途の対処が必要になります。

IPアドレスの競合を解消する手順

手順としては「競合するIPアドレスを調べる」と「IPアドレスを再取得する」の2つが必要です。

競合するIPアドレスを確認する

  1. コントロールパネルより『管理ツール』をクリックします。
    参考 見当たらない『コントロールパネル』を開く方法

    Windows10→コントロールパネル

  2. 管理ツールより『イベントビューアー』をダブルクリックします。

    Windows10→コントロールパネル→管理ツール

  3. イベントビューアーの “Windowsログ” にある “システム” よりエラー内容を確認できます。

    Windows10→イベントビューアー→IPアドレスの競合

    Windows10ではスタートボタンを右クリックして表示されるメニューより開くこともできます。

IPアドレスを再取得する

  1. コマンドプロンプト(Windows PowerShell)よりコマンドを入力しIPアドレスを開放します。
    参考 Windowsのコマンドプロンプトを起動する方法

    • IPv4の場合
      ipconfig /release
      
    • IPv6の場合
      ipconfig /release6
      
  2. コマンドプロンプト(Windows PowerShell)よりコマンドを入力しIPアドレスを再取得します。
    参考 Windowsのコマンドプロンプトを起動する方法

    • IPv4の場合
      ipconfig /renew
      
    • IPv6の場合
      ipconfig /renew6
      
  3. IPアドレスが変更されたことを確認します。

    Windows10→PowerShell→ipconfig

IPアドレスの競合を解消するやり方は以上です。

Windowsのバージョンによっては “release(解放)” した段階で、新しいIPアドレスが自動的に取得されることもあるので、あらためて “renew(再取得)” をする必要が無い場合もあります。また、うまくいかない場合には “release(解放)” した後にパソコンを再起動すれば、起動時にIPアドレスの再取得が行われるハズです。

スポンサーリンク

シェアする