[Win10] Fall Creators Updateで何が変わったのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

手持ちのパソコンを2017年10月17日より提供が開始された “Windows 10 Fall Creators Update” へアップグレードして2~3日使ってみました。

4回目の大型アップグレード

Windows10では年に数回の大型アップグレードが提供されています。これまでに提供されてきたアップグレードでも様々な機能追加が行われてきましたが、4回目となるFall Creators Updateではどのような変更がされているのか色々といじってみました。

参考 ポータブックにWindows 10 Fall Creators Updateを適用してみた

Fall Creators Updateでの変更点

OneDriveのオンデマンド対応

使っている人がどれくらいいるかは定かではありませんが、Microsoftが提供するオンラインストレージOneDriveがオンデマンドに対応しました。これまでのOneDriveは、クラウド上にアップロードしたファイルが全てローカルパソコンにもダウンロードされていましたが、ダウンロード(共有)するフォルダーを選択して任意のファイルのみをダウンロード済みにし、その他のファイルは必要に応じてダウンロードするようになりました。

Windows10→fall-creators-update→OneDrive

もちろん、これまで通り全てをダウンロード済みにしておくこともできますが、取捨選択することで内部ストレージ容量の小さなパソコン/タブレットなどでは空き容量の増加を見込むことができます。

参考 OneDriveの同期するフォルダーを選択する方法

UDデジタル教科書体フォントの追加

Windowwsのフォント環境は何かと話題になりますが、Fall Creators UpdateからUDデジタル教科書体のフォントが標準搭載されています。このフォントは、より読みやすく学習指導要望に準拠した字形をしています。

Windows10→fall-creators-update→フォント
※上から「MS ゴシック」「Yu Gothic UI」「UD デジタル 教科書体 NK-R」

UDデジタル教科書体はフォントの「綺麗さ」よりも「学習指導要望に準拠した字形」であることに注目です。

スマホ連携強化

Fall Creators Updateでは、スマートフォンとの連携が強化されシームレスに使うことができるようになりました。例えば、スマートフォンで閲覧していたWebページの閲覧情報を転送してパソコンで続きを閲覧することができるようになります。

Windows10→fall-creators-update→電話

WindowsフォンだけでなくiPhoneやAndroidスマートフォンでも使うことができます。

My Peopleの実装

前回のCreators Updateでは実装が見送られたMy PeopleがFall Creators Updateで実装されました。My Peopleは、頻繁にやり取りを行なう人をタスクバーにピン留めすることができ、手軽にコミュニケーションをとることができるようになります。

Windows10→fall-creators-update→My People

所感

新機能としてはOneDriveのオンデマンド対応が個人的には一番うれしいです。普段はコンパクトなモバイルノートパソコン(ポータブック)を持ち歩いているので、空き容量を増やすことができ快適に使えるようになりました。UDデジタル教科書体フォントも学生時代に見慣れた形だからか綺麗で見やすくて良い感じです。

新機能ばかりが話題に上がっていますが、全体の安定性はこれまでとあまり変わっておらず、時折にアプリが強制終了してしまったりと不安定なままなのが残念です。今後のアップデートに期待したいところでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事