[Win10] OS起動時に自動実行するアプリを無効にする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windows10を起動するとバックグラウンドで起動するアプリがありますが、使用していないアプリの場合はリソースを食うだけの邪魔な存在になるので無効にしてしまいましょう。

スタートアップを確認する

スタートアップとは、Windows10起動時に起動するように設定する機能です。スタートアップで起動するアプリを常駐アプリなどと呼ぶこともあります。
アプリをインストールすると勝手にスタートアップに登録されたりするので定期的に見直すことをオススメします。

  1. 「Ctrl + Shift + Esc」を同時に押し、タスクマネージャーを起動します。

    うまく起動しない場合は、「Ctrl + Shift」を押しながら「Esc」を押すとうまくいきます。

  2. タスクマネージャーが起動したら「スタートアップ」タブをクリックします。
    Win10「タスクマネージャー→プロセス」

  3. 現在、スタートアップに登録されているアプリが一覧で表示されます。
    Win10「タスクマネージャー→スタートアップ」

  4. 以上で終了です。

不要なスタートアップのアプリを無効にする

無効にするためにはタスクマネージャーから不要なアプリを選択し、「無効にする」をクリックします。

  1. タスクマネージャー→スタートアップより無効にしたいアプリを選択し、「無効にする」をクリックします。
    Win10「タスクマネージャー→スタートアップ→無効にする」

  2. すると、選択したアプリの”状態”が「無効」となります。
    Win10「タスクマネージャー→スタートアップ→無効」

    現在、すでに起動しているアプリが終了するわけではないので設定したら再起動をオススメします。

  3. 以上で終了です。

まとめ

無意味に常駐しているアプリがあるので、そういったアプリを無効にするのに有効です。ただ、必要なアプリを無効にしてしまうとパソコンが不安定になったり起動しなくなってしまうこともありますので、無効にするアプリには注意してください。何が起きても一切の責任は負いません。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事