[Win10] パソコンのクラウドストレージサービス『OneDrive』を無効にする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windows10にはクラウドストレージサービス『OneDrive』のアプリがデフォルトでインストールされていますが、『OneDrive』以外のクラウドストレージサービスを使用している場合には不要なので無効にしておきましょう。

『OneDrive』とは?

Microsoftが提供するクラウドストレージサービスです。同様のサービスには『Googleドライブ』や『Dropbox』、『iCloud』があるのでいずれかは使ったことがあると思います。

すでに別のクラウドストレージサービスを使用しているので「使わない」という人は無効化することもできます。

『OneDrive』を無効にするやり方

この手順は “ローカルグループポリシーエディター” を用いるためWindows Homeでは実行できません(Pro推奨)。
参考 Windows10の『Home』と『Pro』の違い
  1. 「Winキー」+「Rキー」を同時に押下し“ファイル名を指定して実行”を表示したら「gpedit.msc」を入力し「OK」をクリックします。

    Win10「ファイル名を指定して実行→gpedit.msc」

  2. “ローカルグループポリシーエディター”が起動したら「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「OneDrive」とたどり、「OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにする」をダブルクリックします。

    Win10「ローカルグループポリシーエディター→OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにする」

  3. ダイアログが表示されたら「有効」をチェックして「OK」をクリックします。

    OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにする→有効」

まとめ

Windows10のパソコンとスマートフォンでファイルのやりとりをする場合などに便利なので、まだ使ったことが無い人は無効化する前に1度使ってみることもオススメします。