[Win10] ノートパソコンでは無意味なロック画面を無効にする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windows10にアップデートして気になっていたのが起動時やロック時に表示されるロック画面です。ログイン画面を表示させるのに1アクション必要であり面倒なので無効にしたいと思います。

2016年08月02日より配信されているWindows 10 Anniversary Updateを適用すると無効にできなくなるようです。

ロック画面とは?

一番わかりやすいのが電源投入時に表示される以下のような画面です。

Windows10「ロック画面」

タブレットなどでは誤作動防止に役立つと思いますが、ノートパソコンなどは画面を閉じることができ、誤作動の心配は無いので無効にしてしまいます。

ロック画面を無効にする手順

この手順は “ローカルグループポリシーエディター” を用いるためWindows Homeでは実行できません(Pro推奨)。
参考 Windows10の『Home』と『Pro』の違い
  1. 「Winキー」+「Rキー」を同時に押下して表示される “ファイル名を指定して実行” に「gpedit.msc」を入力し『OK』をクリックします。

    Win10「ファイル名を指定して実行→gpedit.msc」

  2. ローカルグループポリシーエディターが起動するので”コンピューターの構成” → “管理用テンプレート” → “コントロールパネル”とたどり「個人設定」をクリックします。
    Windows10「ローカルグループポリシーエディター」
  3. 右ペインの「ロック画面を表示しない」をダブルクリックします。
    Windows10「ロック画面を表示しない」
  4. ダイアログが表示されるので”有効”にチェックを付けて「OK」をクリックします。
    Windows10「ロック画面を表示しない」
  5. 以上で終了です。

まとめ

気分的には”無効”に設定したいところ、”ロック画面を表示しない“に対しての設定なので「有効」になるんです。