[win10] アップデートによって保存された不要なフォルダーを削除する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windows10へWindows7などからのアップデートしたり大型アップデートを適用すると、インストールドライブ(通常Cドライブ)配下にに「Windows.old」や「$Windows.~BT」と言う名のフォルダーが作成されます。このフォルダーは大容量なので不要であれば削除をオススメします。

削除には適切な手順があります。間違ってもエクスプローラーなどから直接削除しないよう注意してください。

Windows.oldフォルダーとは?

Windows7などからのアップデートやWindows10の大型アップデートを適用すると作成されます。このフォルダーには以前のバージョンで使用されていたファイルが格納されており、現在のバージョンに何かしらの問題がある場合に元に戻せるようになっています。

前のバージョンに戻す可能性がある場合には削除してはいけません。

$Windows.~BTフォルダーとは?

Windowsのアップデート用のファイルが格納されているフォルダーです。アップデート処理後も残されたままになるので削除しても問題はありません。

これからアップデートする予定がある場合には削除しないほうが良いでしょう。

不要なフォルダーを削除する手順

  1. エクスプローラーの “PC” より『インストールドライブ(通常はCドライブ)』を右クリックします。

    Windows10→エクスプローラー→PC

  2. 表示されたコンテキストメニューより『プロパティ』をクリックします。

    Windows10→PC→Cドライブ→コンテキストメニュー

  3. プロパティより『ディスクのクリーンアップ』をクリックします。

    Windows10→PC→Cドライブ→プロパティ

  4. ディスククリーンアップが起動するので『システムファイルのクリーンアップ』をクリックします。

    Windows10「ディスク クリーンアップ」

  5. 削除するファイルの項目より “以前のWindowsのインストール” にチェックを付けます。

    windows10「システムファイルのクリーンアップ」

    これが “Windows.old” にあたります。
  6. 続けて “一時Windowsインストールファイル” にチェックを付けたら、最後に『OK』をクリックします。

    WIndows10→クリーンアップ→一時Windowsインストールファイル

    これが “$Windows.~BT” にあたります。
  7. 削除が開始されます。削除が終わると自動的に終了します。

    windows10「システムファイルのクリーンアップ実行」

不要な「Windows.old」や「$Windows.~BT」フォルダーを削除するやり方は以上です。

GB単位で存在する「Windows.old」や「$Windows.~BT」フォルダーは、いずれは削除したほうが良いフォルダーです。今すぐに削除しなくとも忘れずに削除しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事