[win10] 夜間モードを設定して “ブルーライト” の削減を行う方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

パソコンの液晶画面からは “ブルーライト” が発行していることは良く知られています。一時期はブルーライトを遮断するメガネなども流行しましたが、Windows10では設定によって削減できるようになっています。

ブルーライトってなに?

可視光線(ヒトの目で見ることのできる光)の中で強いエネルギーを持った光の事で “ブルーライト” の名の通り青色光であり、パソコンやスマートフォンなどの液晶画面から発せられる光に多く含まれています。

この青色光が「人体に悪影響があるのでは無いか?」と言われている(真偽は不明)ことから、ブルーライトを削減する(カットする)メガネなどが発売されたりもしています。

【JINS PC】PC専用メガネ(度なし)
【JINS PC】PC専用メガネ(度なし)

Windows10では「夜間モード」と称して液晶の色温度を調節して、夜間はより暖かい色で表示されるように変更することができます。

夜間モードを設定する手順

有効/無効の切り替え

  1. 設定より『システム』をクリックします。

    Windows10→Creators Update→設定

  2. システムの “ディスプレイ” より『夜間モード』のスイッチを変更します。

    Windows10→Windows 10 Creators Update→設定→システム→ディスプレイ

    画像はオンの状態になっています。

夜間モードの有効/無効を切り替えるやり方は以上です。

夜間モードは、その名の通り夜間に起動するよう開始時間が設定されていますが、人によって異なるのでライフスタイルに合わせて変更します。

夜間モード設定

  1. システムの “ディスプレイ” より『夜間モード設定』をクリックします。

    Windows10→Windows 10 Creators Update→設定→システム→ディスプレイ

  2. 夜間モード設定より『色温度』を調節します。

    Windows10→Windows 10 Creators Update→設定→システム→ディスプレイ→夜間モード設定

    色温度は左に調節すると “より暖かい色” になります。
  3. 夜間モード設定より “開始時刻” を変更したい場合には『スケジュール』を設定します。

    Windows10→Windows 10 Creators Update→設定→システム→ディスプレイ→夜間モード設定

    今すぐに開始したい場合には『今すぐ有効にする』をクリックします。

Windows10の夜間モードを設定するやり方は以上です。

夜間モードがオンになると、液晶ディスプレイが「黄色みを帯びて見える」状態になります。この状態を「尿液晶」と称する人が居ますが、夜間モードでは正常な動作なので注意してください。気になる場合にはオフすれば元の色温度に戻ることが確認できます。

また、購入したパソコンの液晶が「黄色みを帯びて見える」と言う場合には、夜間モードがオンになっている可能性もあるので設定をチェックすると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事