[Win10] 見当たらない『コントロールパネル』を開く方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windows10で”設定”に取って代わられたと思われがちな『コントロールパネル』ですが、実は簡単に表示することができますよ。

コントロールパネルを表示させる方法

Windows10にてコントロールパネルを表示させる方法はいくつかあります。

『スタートボタン』から開く手順

この方法は、2017年04月より提供が開始された “Windows 10 Creators Update” で使えなくなりました。
  1. 画面左下に表示されているスタートボタンを右クリックして表示されるメニューから『コントロールパネル』をクリックします。

    Windows10『スタートボタンを右クリック→コントロールパネル』

    『スタートボタンを右クリック』は他にも様々な機能を呼び出せるので覚えておくと便利です。

    このメニューは、ショートカットキーが割り当てられており、WindowsXキーでも表示させることができます。

  2. コントロールパネルが開きます。

    Windows10『コントロールパネル』

『検索ボックス』から開く手順

  1. 画面下に表示されているタスクバーに検索ボックスを表示している場合は、『コントロールパネル』入力すると検索結果に表示されるのでクリックします。

    Windows10『タスクバーの検索ボックス→コントロールパネル』

  2. コントロールパネルが開きます。

    Windows10『コントロールパネル』

『デスクトップ』から開く手順

Windows7などでは、スタートボタンをクリックした時に表示されるスタートメニューに表示されていたので、デスクトップにショートカットアイコンを表示させる必要性は感じませんでしたが、Windows10ではスタートメニューには表示されなくなってしまったので、よく使う人はデスクトップにショートカット(デスクトップアイコン)を作成しておくと便利でしょう。

参考 デスクトップにアイコンを追加する方法

Windows10『デスクトップアイコン→コントロールパネル』

コントロールパネルの表示方法を変える方法

Windows10のコントロールパネルは初期表示だとカテゴリー分けされて表示されますが、長らくWindowsを使用している人からすると、このカテゴリー分けは非常にわかりにくくて不便ですので表示方法を変えます。

また、当サイトでは『大きいアイコン』の状態で説明をしていますので、『大きいアイコン』に設定しておく事をオススメします。

  1. コントロールパネルウィンドウの右上に『表示方法:カテゴリ』とあるので、これを『大きいアイコン』または『小さいアイコン』に変更します。

    Windows10『コントロールパネル』

  2. 仮に『小さいアイコン』に変更すると以下のような見栄えになります。

    windows10『コントロールパネル(小さいアイコン)』

windows10にはコントロールパネルとは別に”スタートメニュー”→”設定”で開く『設定ウィンドウ』があります。基本的には、『設定ウィンドウ』を使用すればよいですが、もう少し深く細かい設定を変更する場合にはコントロールパネルは不可欠です。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事