[Win10] Bluetoothで対応機器とペアリングする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

近距離無線通信規格の1つである “Bluetooth” は、パソコンとマウスやキーボードなどを無線接続するのに使われることが多くなりました。このBluetoothは、使用するのに「ペアリング」と呼ばれる特殊な操作が必要になります。

ペアリングってなに?

近距離無線通信規格の1つである “Bluetooth” を使えるようにする為の作業です。Bluetoothは無線接続であるがゆえに、対応機器同士がお互いにお互いを登録しあうことで通信を可能にしています。

この “ペアリング” の操作は初回のみで良く、登録が解除されない限りは電源を切るなどしても永続して使用し続けることができます。ただし、1つの機器としかペアリグできない場合も多く、別の機器とペアリングすると最後に登録した機器しか使えない場合もあります。

対応機器とペアリングする手順

  1. 設定より『デバイス』をクリックします。

    Windows10→Creators Update→設定

  2. デバイスの “Bluetoothとその他のデバイス” より『Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する』をクリックします。

    Windows10→設定→デバイス→Bluetoothとその他のデバイス

    Bluetoothがオフになっている場合にはオンにします。
  3. デバイスを追加する より『Bluetooth』をクリックします。

    Windows10→設定→デバイス→Bluetoothとその他のデバイス→デバイスを追加する

  4. Bluetoothで接続する機器を “検出可能” の状態(ペアリングモード)にします。
    ペアリングモードは、機器によって操作が異なるためマニュアル等を参照してください。
    参考 スマホでBluetoothテザリングを設定する方法
  5. デバイスを追加する より『検出された機器』をクリックします。

    Windows10→設定→デバイス→Bluetoothとその他のデバイス→デバイスを追加する

    例としてスマートフォンとペアリングしています。
  6. デバイスを追加する に表示された “PIN” と接続する機器に表示された “PIN” が同じであることを確認したら『接続』をクリックします。

    Windows10→設定→デバイス→Bluetoothとその他のデバイス→デバイスを追加する

    接続する機器側も同様に操作が必要な場合があります。
  7. デバイスの準備が整いました! と表示されたら『完了』をクリックします。

    Windows10→設定→デバイス→Bluetoothとその他のデバイス→デバイスを追加する

Windows10で対応機器とBluetoothでペアリングするやり方は以上です。

Bluetoothのペアリングは機器によって操作が異なる場合が多いので、必ずマニュアルを一読してから操作を行うことをオススメします。

参考 ワイヤレスマウスを買う時の注意点とオススメ

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事