[Win10] Windows Updateを一時的に制限する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windows10からWindows Updateが強制されるようになり自動的にダウンロードが行われてしまいます。しかし、外出時にWi-Fiルーターやスマホでテザリングを行っている場合など、自動的にダウンロードされては困る場合には自動アップデートを制限して手動で行うように設定しましょう。

Windows Updateの強制とは?

Windows10からWindows Updateが強制的に行われるようになり、バックグラウンドで大量のアップデートファイルがダウンロードされてしまうので、意図しないデータ通信が行われてしまうことになります。

Wi-Fiルーターやスマートフォンでのテザリングは、いわゆる “使い放題” では無い為、Windows Updateが実行されてしまうとデータ通信量が上限に達しやすくなってしまいます。また、外出時にバッテリー駆動をしているとWindows Update中にバッテリー切れなどを起こした場合にはWindowsが破壊されて起動しなくなるなどの恐れがあります。

そのため、Wi-Fiルーターやスマートフォンでのテザリング中、もしくは何かしらの理由によってWindows Updateが自動的に実施されては困るという場合には手動にする方法もあります。

バッテリー節約機能を使う方法

バッテリー節約機能とは、Windows10に搭載されている機能で、オンにするとバックグラウンド通信(Windows Updateなど)を抑止しバッテリーの消費をできるだけ抑えることができます。

設定手順

  1. バッテリー駆動中にタスクトレイより『バッテリーアイコン』をクリックします。

    Win10→タスクトレイアイコン

  2. バッテリーの状態が表示されるので『バッテリー節約機能』をクリックしてオンにします。

    Win10→タスクトレイアイコン→バッテリー

  3. Windows Updateの自動実行が停止します。

    Windows Update→バッテリー節約機能

バッテリー節約機能を使うやり方は以上です。

Windows Updateを実行する際にはバッテリー節約機能をオフにすると自動実行が再開されます。

従量制課金接続を使う方法

従量制課金接続とは、いわゆる “使い放題” では無いインターネット通信の事です(使った分だけ料金を支払うスマートフォンやWi-Fiなど)。

Windows10では接続しているネットワークを “従量制課金接続” に指定することが可能で、この “従量制課金接続” に指定するとバックグラウンドでの通信が行われなくなるため、Windows Updateが自動実行されず手動で実施するようになります。

この “従量制課金接続” に指定できるインターネット通信は条件が無いため、実際に従量制課金である必要はありません。

設定手順

  1. ネットワークに接続したらスタートメニューの「設定」をクリックします。

    Windows10「スタートメニュー→設定」

  2. 設定の「ネットワークとインターネット」をクリックします。

    Win10「設定→ネットワークとインターネット」

  3. ネットワークとインターネットの「詳細オプション」をクリックします。

    Win10「設定→ネットワークとインターネット→詳細オプション」

  4. プロパティで接続しているネットワークを確認し、ワイヤレスネットワーク接続の “従量制課金接続” をオンに設定します。

    Win10「設定→ワイヤレスネットワーク接続→従量制課金接続」

    接続しているネットワークによっては自動判別してオンとなっている場合もあります。

  5. Windows Updateの自動実行が行われなくなり、手動でダウンロードできるよう『ダウンロード』ボタンが表示されます。

    Windows Update→従量課金接続

従量制課金接続を使うやり方は以上です。

抑制されるダウンロード

この従量制課金接続はWindows updateだけでなく、以下もダウンロードされなくなるので注意が必要です。「ダウンロードできなくなった!」と言う場合には従量制課金接続の指定を疑ってみると良いでしょう。

  • ストアからのアプリのダウンロード
  • スタート画面のタイルの更新(天気やニュース)
  • OneDriveなどの同期

まとめ

以前、ファイヤーウォールを使用してWindows Updateを自宅や会社のみに抑制する方法を紹介しました。しかし、テザリングの場合は“従量制課金接続”の設定をしたほうが、その他の自動ダウンロードも防ぐことができるのでオススメします。

参考 自宅や会社でのみWindows Updateを自動更新する方法

今後のアップデートによって仕様が変わることがありますので注意してください。何がおきても一切の責任は負いません。
スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事