[Win10] 各機器の自動再生機能を無効にする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windowsでは、USBメモリーなどを接続した際には「エクスプローラーを起動する」と言ったことが自動的に行われます。慣れないうちは便利な機能であるものの、場合によっては「うざい」「うっとうしい」などとマイナスの感情を抱くこともあるので、その場合には無効にしてしまいましょう。

自動再生機能とは?

Windowsを搭載したパソコンでは、古くからUSBメモリーなどの機器を接続すると自動的にエクスプローラーが起動するようになっており、これを自動再生機能と呼んでいます。

この自動再生機能は、Windows10を始め歴代のWindowsシリーズに搭載されている機能の1つですが、接続する機器の用途によっては「自動再生は不要」と感じることもあります。そのため、設定より自動再生機能をオフ(無効)にできるようになっています。

自動再生機能を無効にする手順

  1. スタートメニューより『歯車アイコン』をクリックします。

    Windows10→タスクバー&スタートメニュー

  2. 表示された設定より『デバイス』をクリックします。

    Windows10→設定(アニバーサリーアップデート後)

  3. デバイスの自動再生より “すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う” をオフにします。

    Windows10→設定→デバイス→自動再生→オフ

    機器ごとに自動再生のオン/オフを設定したい場合にはオンにしたままで “自動再生の既定の選択” より既定の動作を選択します。

自動再生機能を無効(オフ)にするやり方は以上です。

自動再生機能は時と場合によって「便利だ」と感じたり「不便だ」と感じる傾向にあります。そのため、臨機応変に変更ができるように覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事